レヴォーグSTIオーナーの自動車情報ブログ







中華そば文四郎つがる柏店のおすすめ煮干しラーメン【濃厚煮干中華】

たか
WRITER
 
中華そば文四郎つがる柏店





この記事を書いている人 - WRITER -
たか
あなたに走りの楽しさを伝えたい!「たか」です。2020年3月ついに38年間のサラリーマン生活に終止符を打ちました。愛車レヴォーグに関すること、試乗記、青森県のドライブ・観光情報など、車と地元青森に関する情報を提供して参ります。 現在レヴォーグでのカーライフを満喫して本州最北端の豪雪地で夫婦2人暮し。2019年1月にYouTube開始、動画100本越え毎週更新中。年内チャンネル登録者1万人目指して奮闘中です。2020年2/29にブログを立ち上げました。今後、本ブログを育てていきますので、どうぞよろしくお願い致します。

中華そば文四郎の濃厚煮干しらーめん

あなたに走りの楽しさを伝えたい!たかです。

レヴォーグで行くグルメシリーズ第10弾!

ラーメンは若いころからの好物で、現在でもあちらこちらのお店に出没しては、それぞれのお店ならではのラーメンを楽しんでいるのですが。ヽ(^o^)丿

そんななかで…

今回紹介するお店… 数ある煮干しらーめんのなかで、濃厚だが癖のない煮干ストレート味のお店。

場所は自宅からけっこう遠いのですが、妻の評価も高く、時々遠征して食べに行っているお店「中華そば文四郎」です。

文四郎さんは朝7時から営業されており、私もわざわざ青森からつがる柏まで、お店めがけて食べに行ったりしています (*‘∀‘)  癖のないストレートな濃厚煮干が味わえるお店です。

 

「中華そば文四郎」の濃厚煮干中華

ストレートな濃厚煮干しスープがうまい、濃厚煮干中華(普通)750円 

ここに来ると、いつもこのラーメン一筋だが、妻は「煮干中華そば650円」「鶏ガラ中華そば700円」などもローテーションしながら食べている。

中華そば文四郎の濃厚煮干しらーめん

▼妻からチャーシューが1枚とんできた。

中華そば文四郎の濃厚煮干しらーめんのアップ

▼のど越しのよい中細ちぢれ麺は、ツルツル食感で食べやすい。

濃厚煮干しらーめんのアップ

▼濃厚で癖のない、ストレートな煮干しスープ。

濃厚煮干しらーめんのスープ

▼大ぶりだが柔らかさのあるメンマは、味付けも良く、個人的に好みの味だ。

文四郎の濃厚煮干しらーめんのメンマ

▼チャーシューは柔らかさもあるが、肉の食感が味わえる。味付けは薄味だ。

文四郎の濃厚煮干しらーめんのチャーシュー

▼食べやすいので食も進む。

文四郎の濃厚煮干しらーめんを食べ進める

▼すべて完食~、ごちそうさまでした!(*‘∀‘)

ごちそうさまでした

ストレートな濃厚煮干しスープをひとくち飲んでみると、煮干しの味が実にストレートに出ているスープであるを感じることが出来る。余計な雑味をほとんど感じない濃厚煮干しスープは、口の中に凝縮された煮干しのうま味がストレートに広がって、身体が欲していた「煮干しそのもの」がほとばしるようなスープ。

チャーシューは食感を感じることができる柔らかさで、のど越しのよい中細ちぢれ麺はとても食べやすい。この麺も個人的に好みの麺だ。

濃厚スープのラーメンにはご飯がよく合うというもので、とんこつ系・濃厚鶏そばと同様に、この濃厚煮干しラーメンもご飯が合うこと請け合いだ。(´▽`*)

 

ここで突然だが、煮干し中華そばの王道、弘前の「たかはし中華そば」とちょっと比較してみたいと思う… (^O^)/

「たかはし中華そば」と「中華そば文四郎」の濃厚煮干ラーメン(名称はそれぞれ異なるが)は、タイプとしてよく似ていると思う。麺も同タイプのツルツルとした中細ちぢれ麺で、両者ともとても食べやすい麺だ。

やや異なる点は、たかはし中華そばが濃厚煮干しの中に甘みも感じるスープであるのに対して、文四郎は甘みがなくストレートな濃厚煮干しになっている点だ。

甘み(うま味)を求めるのであれば「たかはし中華そば」、純粋にストレートな濃厚煮干しのうま味を味わいたいのであれば「文四郎」を選択するのがよいのではないだろうか。そのときの自分の求める食の好みに応じて選ぶと良いでしょう。

ここで、煮干しラーメンの有名店「たかはし中華そば」と比較をしたくなったのも、文四郎の濃厚煮干中華を食べているときに、これまで何度も印象の重なるときがあったからだ。

私ほどはラーメンを好まない妻ですが、ここ文四郎のラーメンは食べやすい、とのことで一緒に付き合ってくれています。

量的には、男性だと大盛りでもいけちゃうと思いますが、普通盛りでも十分お腹を満たしてくれています。

 

▼関連記事はこちらからご覧いただけます。

 

レヴォーグでいく【中華そば文四郎】

数ある煮干しラーメンのお店がある中で、今回向かうのは、遠方だが個人的に好んで通っているお店「中華そば文四郎つがる柏店」。

今日もレヴォーグで、ドライブを楽しみながら向かいます!目的地へ着くまでの間も楽しい時間 ♪ 今回は、片道約45分の距離です。

レヴォーグでいく中華そば文四郎

今日は曇り空だが、雨は降らない予報なのでよかった! (*^-^*)

最近は初めて行くお店が増えてきており、文四郎さんへは実は2ヶ月ぶりくらいの訪問。おいしいラーメンをいただき、そして良い動画が撮れますように!!

 

中華そば「文四郎」つがる柏店

中華そば文四郎つがる柏店

中華そば文四郎つがる柏店

中華そば「文四郎」つがる柏店、店舗外観。

 

中華そば文四郎つがる柏店さんに一番最初に行ったのが2~3年前だったと思うのだが、オープン日がわからない… もしご存知の方がおられたら教えていただけると有難いです。(*‘∀‘)

たしか一番最初に入ったときは、妻の実家へ行く途中で「文四郎」さんへ寄ったような記憶があります。

▼中華そば文四郎メニュー

中華そば文四郎つがる柏店の煮干中華そば
【昔懐かしい味】煮干中華そば
普通 650円
大盛り 750円

 

中華そば文四郎の鶏ガラ中華そば
【店長のおすすめ!】鶏ガラ中華そば
普通 700円
大盛り 800円

 

中華そば文四郎の濃厚煮干中華
【一番人気】濃厚煮干中華
普通 750円
大盛り 850円

 

中華そば文四郎の辛みそ中華そば
【人気急上昇】辛味噌中華
普通 800円
大盛り 900円

 

▼文四郎の店舗入り口。餃子ののぼりを写真で見て、今度注文しようとあらためて思った。(*’▽’)

中華そば文四郎つがる柏店店舗入り口

▼食券販売機

中華そば文四郎の食券販売機

あまり、まじまじと食券販売機を見たことがなかったのだが、「濃厚煮干中華」以外に食べたことがあるのは、妻が頼んだときに少し食べさせてもらった「煮干中華そば」と「鶏ガラ中華そば」。

「辛味噌中華」はまだ食べたことがなく、ほかに注文したことがあるのは、ごま塩おにぎりと味玉、お持ち帰りチャーシューです。

 

【中華そば文四郎情報】

中華そば 文四郎 つがる柏店

住所 青森県つがる市柏稲盛幾世174-1

お問い合わせ  050-5596-3361

営業時間 7:00~15:00

定休日 火曜日

駐車場 有

ホームページ http://bunshirou-tugarukashiwa.jp/

Facebook公式 https://www.facebook.com/%E4%B8%AD%E8%8F%AF%E3%81%9D%E3%81%B0-%E6%96%87%E5%9B%9B%E9%83%8E-618407988298568/

 

▼中華そば文四郎つがる柏店アクセス

イオンモールつがる柏のほど近く。青森市・浪岡方面から来る場合は、津軽道終点で降りて右折後100m程行った左側。

 

▼関連記事はこちらからご覧いただけます。

 

「中華そば文四郎つがる柏店」店内をご案内

▼店舗入り口。正面に食券販売機がある

中華そば文四郎つがる柏店店舗入り口

▼店舗入り口付近。

中華そば文四郎店舗入り口付近

▼厨房&カウンター席

中華そば文四郎店内

▼小上りが4席✕2。

中華そば文四郎店内奥

▼Mrマリックのサイン色紙と写真があった。

Mrマリックサイン色紙と写真

▼小上りとカウンター席。

文四郎のお座敷席
文四郎のカウンター席

 

お店は十分な広さがあり、カウンター5席、テーブル4席✕4、小上り4席✕2の計29席。すっきりとした清潔な店内は、気持ち良く食事ができる環境で、美味しいラーメンを楽しむことが出来る環境です。

以前、少しだけ店主さんとお話させていただいたことがあるが、気さくな印象の方で、お気楽に訪問できるお店だと思いますよ。( ^ω^ )

 

▼動画はこちらからご覧いただけます。

中華そば文四郎つがる柏店のおすすめ煮干しラーメン【濃厚煮干中華】

 

中華そば文四郎のおすすめ煮干しラーメン・まとめ

文四郎の濃厚煮干中華

濃厚煮干しラーメンである「濃厚煮干中華」。濃厚ではあるが、中細ちぢれ麺との相性がよく食べやすさも特徴だ。

 

青森県は青森市だけに限らず、全般的に煮干しラーメン激戦区。おいしい煮干しラーメンと一口に言っても様々で、それぞれの特徴を持ってしのぎを削っている地域です。

そんななかで、わたしが時おり通っているお店「中華そば文四郎」さんを紹介しました。

ラーメン好きの私としては、煮干しラーメンをはじめ、好きなラーメンがありすぎて嬉しい悲鳴をあげているのですが、このブログでは本物と言えるおいしいお店を今後も紹介していく予定ですので、よろしければ参考にしてみてください。

最後に中華そば文四郎さんへの個人的要望としては… 「これからもレベルの高い一杯を食べたい」これに尽きます。(笑)

 

 

▼関連記事はこちらからご覧いただけます。

 

 

今回の記事は以上です。

お読みいただきありがとうございました。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
たか
あなたに走りの楽しさを伝えたい!「たか」です。2020年3月ついに38年間のサラリーマン生活に終止符を打ちました。愛車レヴォーグに関すること、試乗記、青森県のドライブ・観光情報など、車と地元青森に関する情報を提供して参ります。 現在レヴォーグでのカーライフを満喫して本州最北端の豪雪地で夫婦2人暮し。2019年1月にYouTube開始、動画100本越え毎週更新中。年内チャンネル登録者1万人目指して奮闘中です。2020年2/29にブログを立ち上げました。今後、本ブログを育てていきますので、どうぞよろしくお願い致します。




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© レヴォーグで青森のドライブを楽しむ。 , 2020 All Rights Reserved.