レヴォーグSTIオーナーの自動車情報ブログ







スバル レヴォーグ STIで青森スピードパーク(サーキット)へ行ってきた!

たか
WRITER
 
レヴォーグSTIで青森スピードパークへ行ってきた





この記事を書いている人 - WRITER -
たか
あなたに走りの楽しさを伝えたい!「たか」です。2020年3月ついに38年間のサラリーマン生活に終止符を打ちました。愛車レヴォーグに関すること、試乗記、青森県のドライブ・観光情報など、車と地元青森に関する情報を提供して参ります。 現在レヴォーグでのカーライフを満喫して本州最北端の豪雪地で夫婦2人暮し。2019年1月にYouTube開始、動画100本越え毎週更新中。年内チャンネル登録者1万人目指して奮闘中です。2020年2/29にブログを立ち上げました。今後、本ブログを育てていきますので、どうぞよろしくお願い致します。

サーキット

あなたに走りの楽しさを伝えたい!たかです。

 

スポーツタイプのクルマを所有するものとしては、サーキットの一度や二度走ったことは当然あるもの。むろん、レヴォーグSTI SPORTオーナーである私も当然当たり前のこと…

なんてことをできれば胸を張って言いたいのですが、(;´∀`)

残念ながら、これまでサーキットなんてものは無縁の世界のものと思っていた私。当然近寄ったことすらありません。

しかしながら全く興味がない訳ではなく、テレビのモータースポーツでたまにレースが放映されていたりすると、何となく見たりはしている。

スポーツ走行に優れたクルマは好きなのだが、自分でサーキットを走るまでは、何と言うか、その…

 

高速走行といっても、それはたまに高速道路を走るときくらいのもの。なので、せいぜい80㎞~出しても120㎞くらい。

これまでの人生の中での最高速度と言っても、これは大きい声では決して言えませんが、それは1〇0㎞くらいだったと記憶しています。(これは内緒…)

一瞬出ていた速度だったように記憶してます…

 

そこで、青森スピードパーク

ひょんなことから青森にもサーキットがあることを知り、せっかくあるのならぜひとも行ってみよう!と思い立ったのが今回の発端です。

いつものように、愛車レヴォーグSTI SPORTで向かったのですが、サーキットへ近づくにつれてテンションも急上昇!

青森スピードパークのコース・走行料金・アクセス・営業日などについて以下で詳しく紹介しますので、ぜひご覧ください。

 

青森スピードパーク(Aomori speed park)とは

青森県青森市にオープンしたグリップ専用サーキット&レース場

青森スピードパークコース

青森スピードパークのコース

青森スピードパーク

青森県をモチーフにした全長2,066mのチャレンジコース。タイムアタック・ワンメイクレースなどもおこなわれる本格的サーキットコースです。

上空から見ると、なるほど青森県の形をしていて面白いですね (´▽`*)

 

走行料金

それでは走行料金をみていきましょう。

<オンロード>

4輪グリップ走行料金

内容走行料金
半日(30分×4セット)6,000円+1.000円(ポンダー)
1日(30分×8セット)9,000円+1.000円(ポンダー)

※ 1セット目のスタートは8:30から。同伴者の方の入場料は500円です。

 

ポンダーとは、ラップタイムの測定をするため計測機器のことなんですね (;’∀’)

それをクルマの車内に取り付けてラップタイムを測定するようです。

 

2輪グリップ走行料金

内容走行料金
30分4,000円
半日(8:30~12:00)8,000円
1日(8:30~16:00) 12,000円

 

<オフロード>

4輪・2輪走行料金

内容走行料金
半日(8:30~12:00) 3,000円
1日(8:30~16:00) 5,000円

 

青森スピードパーク詳細情報・アクセス・営業日

 

青森スピードパーク情報

施設名:青森スピードパーク

所在地:青森県青森市駒込深沢1195-3

TEL:017-752-8856

FAX:017-752-8857

 

▼Aomori speed park アクセス

 

青森スピードパークの営業日: 土・日・祝日のみ営業。

平日にご利用希望の場合は要予約になりますので お電話にてお問い合わせ下さい。

お急ぎの場合のお問い合わせ先:TEL : 090-6786-8824<熊谷様>

 

▼関連記事はコチラからご覧いただけます。

 

レヴォーグ STI で初めての青森スピードパークへ向かう

▼青森スピードパークをナビで検索

青森スピードパークをナビで検索

▼だいぶ山奥へ入っていきます (;’∀’)

レヴォーグで初めて青森スピードパークへ向かう

▼青森市内の自宅からおよそ50分、目的地近くとなり、青森スピードパークの看板を見つけました。

青森スピードパークへ向かう

▼無事にようやく到着!走りに賭ける崇高なみなさんが既にピットインしています (*‘∀‘)

青森スピードパークへ到着

初めて足を踏み入れた青森スピードパーク。よそ者のような気がして、進んで話しかけるなんてことはちょっとできなかった(後悔)… (;^ω^)

 

青森スピードパークを観覧

▼スタート・ゴール地点。信号機のような機器が青色・赤色等に光るようです。

青森スピードパーク全景

▼サーキットを走る車たち

青森スピードパークを走る車

▼見事なエキゾーストノートを響かせて走行していきます。その音が爽快~!!

青森スピードパークサーキットを走る車たち

▼当たり前のように、カッコイイ~!

青森スピードパークサーキットを走る車たち

▼ピットインしているスポーツカーの数々。ちょっとそばに行くことができないでいる私… (;´∀`)

サーキットを走る車たち

 

レヴォーグで【青森スピードパーク】へ行ってきた!

 

▼地元青森の関連記事はこちらからご覧いただけます。

 

青森スピードパークへ行ってきた・まとめ

青森スピードパークサーキットを走行するスポーツカー

ここまで、初体験となった「青森スピードパーク」についてみてきました。

爽快なエキゾーストノートを響かせながら走行していくスポーツカーたち!ドライバーの気持ち良さがビンビンと伝わってくるようです。

青森スピードパークへ到着したときにあった膨大なタイヤの山は、これまでにこのサーキットを走った歴史でもあるのかもしれませんね。

サーキットを走るということは、それだけタイヤが摩耗するのもまた当たり前のことですものね。

 

高速道路でさえも制限速度があるため、これまでの最高速度と言ってもたかが知れてるわけだが、いつか私も瞬間的でない本当のべた踏みをしてみたい!

今回、自分がそんな気持ちを溢れるほど持っていることに気づいてしまいました。

ただし、クルマのチューニングなどについては全く詳しくないし… チューンナップ等もやったことがない私なので、そこまで辿り着くのは夢のまた夢か…

え~、ノーマルでの参加でもいいでしょうか~!(^▽^;) そんなことを勝手に思いながら、今回は筆を置きたいと思います。

エンジョイ・カーライフ! 一緒に楽しんでまいりましょう!

 

 

▼レヴォーグの関連記事はコチラからご覧いただけます。

 

▼青森スピードパークの公式ホームページです。

 

 

今回の記事は以上となります。

お読みいただきありがとうございました

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
たか
あなたに走りの楽しさを伝えたい!「たか」です。2020年3月ついに38年間のサラリーマン生活に終止符を打ちました。愛車レヴォーグに関すること、試乗記、青森県のドライブ・観光情報など、車と地元青森に関する情報を提供して参ります。 現在レヴォーグでのカーライフを満喫して本州最北端の豪雪地で夫婦2人暮し。2019年1月にYouTube開始、動画100本越え毎週更新中。年内チャンネル登録者1万人目指して奮闘中です。2020年2/29にブログを立ち上げました。今後、本ブログを育てていきますので、どうぞよろしくお願い致します。




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© レヴォーグで青森のドライブを楽しむ。 , 2020 All Rights Reserved.