レヴォーグSTIオーナーの自動車情報ブログ







【趣味のクルマ生活】これまでの車歴を振り返る!ホンダ車との歩み

たか
WRITER
 
ホンダNSX





この記事を書いている人 - WRITER -
たか
あなたに走りの楽しさを伝えたい!「たか」です。2020年3月ついに38年間のサラリーマン生活に終止符を打ちました。愛車レヴォーグに関すること、試乗記、青森県のドライブ・観光情報など、車と地元青森に関する情報を提供して参ります。 現在レヴォーグでのカーライフを満喫して本州最北端の豪雪地で夫婦2人暮し。2019年1月にYouTube開始、動画100本越え毎週更新中。年内チャンネル登録者1万人目指して奮闘中です。2020年2/29にブログを立ち上げました。今後、本ブログを育てていきますので、どうぞよろしくお願い致します。

あなたに走りの楽しさを伝えたい!たかです。

 

ホンダ車の車歴を振り返る

今回は「趣味のクルマ生活」と題して、これまでの自身の車歴を振り返ってみたいと思います。

私も早60歳という、良いお年頃になってしまいました。

振り返ってみてもあっという間の60年間で、ついこの間成人式が終わったような、それは言い過ぎかもしれませんがホントあっという間の年月でした。

この間、いろいろなクルマを乗り継いで来ましたが、今でも鮮明に過去乗ってきたクルマが頭をよぎっていきます。

 

ホンダプレリュード

あらためて振り返ってみても、私の車歴前半はホンダ車が多く、当時ホンダ車を好んで乗っていたことを思い出します。

今回はこれまで乗り継いできたクルマの中から、ホンダ車に絞ってお届けしたいと思います。

思い出深いクルマは複数台あるのですが、それでも一番に挙げるとすれば、やはりそれはこの車になるでしょう。

 

思い出深いクルマ…4車種

HONDA CR-V 初代型

ホンダCR-V初代

CR-V諸元表

 

ホンダ初代CR-V

なんとも懐かしいクルマです。

子供たちがちょうど一番かわいい時期(今でも可愛いのですが^^;)に乗っていたクルマで、何とも思い出深いクルマです。

家族もきっとそう思っていると思います。

キャンプをはじめとして、このクルマでいろいろな場所へ出掛けました。

家族の想い出が詰まっていた車で、このクルマとお別れする時には子供たちが泣いてしまい、それだけ家族にとって思い入れのあるクルマだったことを再認識したことを覚えています。

またこの車は、ディーラーさんへ展示車として搬送されてきて、搬送車から車を下ろしている最中に見初めて、即購入したクルマでした。

昔の写真を見つけました。家族でキャンプに行った時のものです。

ホンダCR-V初代型
ホンダCR-Vでキャンプ

そう言えば、昔は試乗しないで車を購入していました。

 

その次に思い出深いクルマは…

HONDA アコードインスパイア 初代型

ホンダインスパイア初代

アコードインスパイア初代

 

アコードインスパイア初代諸元表

上のCR-Vも初代型だったのですが、こちらのインスパイアも初代になります。

新しいもの好きということもありますが、こちらも発売後に即購入したクルマです。

実はこの時、ほぼトヨタマークⅡ購入を決めていたにも関わらず、発売後に展示車として置いてあったこのクルマに一目惚れして購入したいきさつがあります。

ヘッドランプがキラキラしているのが印象的で、当時私は青年会議所に所属していたのですが、会議所に行くたびにこのクルマのことを聞かれたことを思い出します。

 

アコードインスパイアと妻と娘

昔の写真がありました。

若い頃の妻と長女が映っています。

 

次に想い出に残っているクルマ…

HONDA プレリュード 3代目

ホンダプレリュード

ホンダプレリュード諸元表

このクルマは、私が独身時代最後に乗っていた車です。

この前にシビックハッチバックに乗っており、このプレリュードに乗り継ぎました。

独身時代の冬のある日、助手席に妻が同乗していた時に見事1回転してしまった^^;想い出があるクルマで、当時あせったのを覚えています。

ですが、このクルマもお気に入りで乗っており、当時はいろいろな場所へ出掛けました。

プレリュードの実際の写真も探したのですが、独身時代はあまり写真を撮っていなかったためか、残念ながら見つかりませんでした。

 

HONDA シビックハッチバック 3代目

一番最初に乗ったホンダ車がこのクルマになります。

もう30~40年前のことなので、おぼろげな記憶なのですが、3ドアハッチバックの車でした。

シビックハッチバック1983年

シビックハッチバック諸元表

 

シビックハッチバック

1983年9月22日フルモデルチェンジ

3代目シビックは、1983年9月22日発売された、通称「ワンダーシビック」と呼ばれました。

シビックハッチバック写真はMOBYさんのホームページから引用 https://car-moby.jp/article/automobile/honda/civic/history-and-current-rating/

諸元表は、ホンダPRESS INFORMATIONから引用 https://www.honda.co.jp/factbook/#auto

シビックハッチバックの昔の写真を見つけました。

恥ずかしながら載せておきます。

ホンダシビックハッチバック

若い頃、初めて新車購入したクルマだったように思います。

写真は若かりし日、スキーに行った時のものです。

 

▼ レヴォーグSTI購入の記事はこちらです。

最後に

今回は自身の車歴で、ホンダ車に絞ったご紹介をさせていただきました。

どのクルマもとても思い出深く、いろいろなことが思い出されます。

一番最後に乗ったホンダ車がCR-Vで、記事は段々と昔へさかのぼっていく順番になっています。

現行シビックハッチバック

運転免許を取得して最初の頃に乗ったシビックハッチバックから、もう少しのところで現在のシビックハッチバックになる可能性もありましたが、皆さんもご承知?のとおり、現在は初のスバル車、レヴォーグ1.6 STI SPORTに乗っています。

 

レヴォーグSTI

振り返ってみると、年代ごとに「その時の生活に応じたクルマを選択してきているんだなぁ」とあらためて感じています。

子供が小さい時はSUV車のさきがけでもあった「CR-V」に乗り、それ以前は「シビックハッチバック」→「プレリュード」→「アコードインスパイア」と乗り継いできていました。

このあとは、トヨタ車が続いて行き今のレヴォーグに繋がることになりますが、トヨタ車の車歴についてはまたあらためて記事にしてみたいと思います。

 

 

今回はホンダ車の車歴についての記事でした。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
たか
あなたに走りの楽しさを伝えたい!「たか」です。2020年3月ついに38年間のサラリーマン生活に終止符を打ちました。愛車レヴォーグに関すること、試乗記、青森県のドライブ・観光情報など、車と地元青森に関する情報を提供して参ります。 現在レヴォーグでのカーライフを満喫して本州最北端の豪雪地で夫婦2人暮し。2019年1月にYouTube開始、動画100本越え毎週更新中。年内チャンネル登録者1万人目指して奮闘中です。2020年2/29にブログを立ち上げました。今後、本ブログを育てていきますので、どうぞよろしくお願い致します。




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© レヴォーグで青森のドライブを楽しむ。 , 2020 All Rights Reserved.