レヴォーグSTIオーナーの自動車情報ブログ







スバル レヴォーグ 1.6 STIの市街地燃費は?満タン法で計測!

たか
WRITER
 
レヴォーグ1.6の燃費市街地走行





この記事を書いている人 - WRITER -
たか
あなたに走りの楽しさを伝えたい!「たか」です。2020年3月ついに38年間のサラリーマン生活に終止符を打ちました。愛車レヴォーグに関すること、試乗記、青森県のドライブ・観光情報など、車と地元青森に関する情報を提供して参ります。 現在レヴォーグでのカーライフを満喫して本州最北端の豪雪地で夫婦2人暮し。2019年1月にYouTube開始、動画100本越え毎週更新中。年内チャンネル登録者1万人目指して奮闘中です。2020年2/29にブログを立ち上げました。今後、本ブログを育てていきますので、どうぞよろしくお願い致します。

あなたに走りの楽しさを伝えたい!たかです。

 

これまでレヴォーグ1.6 STI SPORTで郊外路および山道(ワインディング)を走り、満タン法での燃費数値をそれぞれ紹介させていただいておりました。

今回は、ほぼ市街地を満タン法での計測距離としては比較的長い距離を走行できたので、これまでの燃費数値を踏まえたうえで、市街地走行の結果を比較してみます。

今回の記事は、以前から気になっていた「市街地」での燃費計測の結果についてです。

 

これまでの満タン法での燃費結果

レヴォーグ1.6の市街の燃費計測

<郊外路計測値>

走行距離 64㎞(青森市~弘前市往復) 消費燃料 2.7L(レギュラーガソリン)

結果 64㎞ ÷ 2.7L= 23.7㎞/L 満タン法

郊外路では信号が少ない一本道の郊外路でしたので 23.7㎞/Lという高い数値が出ましたが、山道ではアップダウン・コーナーの険しい道が続く八甲田山を走行しての数字になるため郊外路の数値のような訳にはいかないはず。

さて、山道ワインディングの燃費数値はいかほどだったか?計測結果は下記のとおりです。

<山道ワインディグ計測値>

走行距離 94.5㎞(青森市~八甲田谷地往復) 

消費燃料 7.55L(レギュラーガソリン)

結果 94.5㎞ ÷ 7.55L=12.5㎞/L  (満タン法)

ひょっとしたら10.0㎞/Lを切ってしまう可能性も感じていましたが、険しい山道を走った結果としては上々ではないでしょうか。

 

これまでの満タン法での燃費結果

●郊外路       23.7㎞/L

●山道ワインディグ  12.5㎞/L

この数値を見る限り、レヴォーグ1.6の燃費は悪くない!と思うのですが、しかし肝心の市街地がまだ残されています。

ここでとりあえず2回の計測値の平均を出してみますと…

(64+94.5)㎞ ÷(2.7+7.55)L ≒ 15.5㎞/L

 

市街地での燃費

市街地の燃費

市街地は10.0㎞/Lを切ることは確実と思われ、個人的には6~7㎞/Lと予想していました。私のこれまでの体感でもそれは目安として大きな違いはないと思われます。

とくに市街地の場合は、エンジンスタートしてから一回の走行で走る距離の長さによって、エンジン始動~アイドリング時の燃料消費量が燃費に大きく影響します

そのため短い距離をたくさん走ることが多くなる市街地では、燃費は著しく悪化します。

 

市街地のみを走行して満タン法で燃費計測をするというのも、日常生活においてはかなり無理がありました。それも比較的長い距離での走行結果でおこなう場合、前回満タンにしてから400~500㎞を市街地のみを走行するというのは現実的にとても難しく、結果約70%を市街地走行したものとなりました。 (;・∀・)

 

▼関連記事はこちらからご覧いただけます。

 

燃費とは

燃費とは

ここでまた、さらにおさらいを…

満タン法による燃費(燃料消費率)とは、一定の距離をどれだけの燃料で走れるかを示す指標です。

満タンにした車を走行距離0にリセットした状態からスタートして、走行した距離と消費したガソリン量で計算します。

単位は「km/L」で、1リットル単位の平均を算出。

式にすると

走行距離 ÷ 消費したガソリン(リットル)= 燃費(㎞/L)

一般的に1リットルあたり長く走行できれば「燃費が良い」、反対に1リットルあたりの走行距離が短いと「燃費が悪い」と評価されます。

最近発売されるクルマは年々燃費が向上していて、ハイブリッドモデルになると1Lあたり30㎞を越えるクルマも発売されています。

最近ではカタログに記載される燃費モードも、JC08モードからWLTCモードへ変更が図られており、より実際に近い燃費数値になってきています。

車両購入の際には、この燃費数値の確認も大切です。

 

レヴォーグ1.6市街地での燃費結果は

レヴォーグ1.6市街地満タン法での燃費結果

燃費は運転の仕方によって同じ車でも数値は変わってきます。運転の仕方(急発進・急加速・アイドリング時間・エアコンの使い過ぎ等)が数値に大きな影響を与えます。

私の運転の仕方での数値となりますが、今回はある程度運転者が気持ちの良い運転をしており、この市街地走行での結果をもとにみていただきましょう。

また上でも述べたように400~500㎞の距離を100%市街地のみを走行することは残念ながらできなかったため、今回の数値は約70%市街地を走り、残り30%は郊外路・山道ワインディングでの走行であったことをご承知おきください。

今回計測した<市街地走行での燃費結果>

走行距離    469.5㎞ 

ガソリン消費量  50.48L

469.5㎞ ÷ 50.48L = 9.3㎞/L

 

今回の市街地走行での燃費結果を受けて、これまでおこなった燃費計測結果は下記となります。

(郊外路)23.7㎞/L(実測値)

(山 道)12.5㎞/L(実測値)

(市街地)  9.3㎞/L(約70%実測値)

 

▼ 動画はこちらからご覧いただけます。

スバル レヴォーグ 1.6 STIの市街地燃費は?満タン法で計測!

 

レヴォーグ1.6市街地走行での燃費まとめ

レヴォーグF型STI SPORTブラックセレクション静粛性

今回約70%を市街地走行した場合の燃費数値をみていただきました。

ここで忘れてならないのは、レヴォーグがターボ車であり、かつフルタイム4WDのクルマだということです。スポーツ走行に優れたスポーツワゴンとしては、なかなか優れた数値なのではないでしょうか。

レヴォーグ1.6の燃費数値も、残すところ高速道路のみとなりました。昨今の中国ウイルスのために長距離ドライブに出かけるのに支障がでていて、なかなか高速道路走行が実現できていません。

高速道路編をめでたく実現ができ、有終の美を飾れるか否か。

レヴォーグ1.6の燃費シリーズの最終編と思われる、高速道路での長距離走行… これも少しハードル高いですね (;・∀・)

 

 

▼関連記事はこちらからご覧いただけます。

 

 

今回の記事は以上です。

お読みいただきありがとうございました。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
たか
あなたに走りの楽しさを伝えたい!「たか」です。2020年3月ついに38年間のサラリーマン生活に終止符を打ちました。愛車レヴォーグに関すること、試乗記、青森県のドライブ・観光情報など、車と地元青森に関する情報を提供して参ります。 現在レヴォーグでのカーライフを満喫して本州最北端の豪雪地で夫婦2人暮し。2019年1月にYouTube開始、動画100本越え毎週更新中。年内チャンネル登録者1万人目指して奮闘中です。2020年2/29にブログを立ち上げました。今後、本ブログを育てていきますので、どうぞよろしくお願い致します。




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© レヴォーグで青森のドライブを楽しむ。 , 2020 All Rights Reserved.