レヴォーグSTIオーナーの自動車情報ブログ







スバル レヴォーグ 1.6 STI の燃費を実際に計測【郊外路】予想外の結果が!

たか
WRITER
 
レヴォーグSTIシートのお話表紙





この記事を書いている人 - WRITER -
たか
あなたに走りの楽しさを伝えたい!「たか」です。2020年3月ついに38年間のサラリーマン生活に終止符を打ちました。愛車レヴォーグに関すること、試乗記、青森県のドライブ・観光情報など、車と地元青森に関する情報を提供して参ります。 現在レヴォーグでのカーライフを満喫して本州最北端の豪雪地で夫婦2人暮し。2019年1月にYouTube開始、動画100本越え毎週更新中。年内チャンネル登録者1万人目指して奮闘中です。2020年2/29にブログを立ち上げました。今後、本ブログを育てていきますので、どうぞよろしくお願い致します。

あなたに走りの楽しさを伝えたい!こんにちは、たかです。

 

レヴォーグは一般的には燃費が悪い?との認識があるように思いますが(汗)実際のところはどうなのか?

以前から愛車レヴォーグ 1.6 STI sport(D型)の実燃費を計りたいと思いながらも、これまでやっていなかった私…

マルチファンクションディスプレイに表示される燃費計だけで燃費を見ていましたが、やはり気になるものは気になる!

というわけで今回は青森市~弘前市の往復64㎞(郊外路)を実際に走行して、満タン法で計算してみました。

レヴォーグの実測した燃費性能を紹介します。

レヴォーグ1.6燃費計測を実施

レヴォーグ1.6Lのエンジンスペック
  • 形式FB16
  • 1.6ℓ DOHC 16バルブ デュアルAVCS直噴ターボ”DIT”
  • 最大馬力170馬力/4800-5600回転
  • 最大トルク25.5kg.m/1800-4800回転
  • SI-DRIVEはi/s(インテリジェンスとスポーツ)2モード
  • 燃料タンクは60L
  • レギュラーガソリン仕様
  • 1.6Lモデルのみアイドリングストップ機能が付属します

 

今回の記事は調査まとめではなく、実際に自ら実施した結果です。往復約2時間を要し普段通りの運転で走行してきました。

現行レヴォーグのクルマ選びの参考になれば幸いです。

 

レヴォーグ 1.6 STI SPORT(D型)の燃費実測の結果は?

レヴォーグはご存じのとおり1.6と2.0があり、エンジンのほか制御装置・使用燃料等の違いもあるため、1.6と2.0の燃費は別物ととらえる必要があります。

本記事は、レヴォーグ 1.6に特化した内容としてご覧いただければと思います。

 

レヴォーグ 1.6の燃費計測結果

レヴォーグ1.6燃費実際に計測

今回、実測した結果

走行距離 64㎞(青森市~弘前市往復、郊外路 消費燃料 2.7L(レギュラーガソリン)

結果 64㎞ ÷ 2.7L= 23.7㎞/L (満タン法)

びっくりな数値です!

 

青森市から弘前市への道のりは国道7号線をほぼ道なりに進む道路で、途中で山をひとつ越えますが、それ以外はほぼ平坦な道路が続きます。

走行終了時のマルチファンクションディスプレイ燃費表示は、16.7㎞/Lとなっていました。

燃費実測の結果
マルチファンクションディスプレイ燃費表示 16.7㎞/L → 実燃費(満タン法)23.7㎞/L

※けっこうな違いがあります。

まあ、64㎞くらい走行した数値では、まだまだ検証が必要だとは思いますが、実際に測定した数値が ↑ の数値23.7㎞/Lです。

走行終了後の給油量が少ないこともあり、多少の誤差が出る可能性はあります。

 

▼ 動画はこちらからご覧いただけます。

 

実測当日の流れ

レヴォーグ1.6燃費

実測は、青森市自宅近くのガソリンスタンドからスタートして、弘前市を往復する70㎞弱のコースです。

まず青森市自宅近くのガソリンスタンドで満タン給油を済ませ、トリップメーター(走行距離計)をリセット

さあ、ここから弘前市へ向かってスタート!

目指すはラーメン大好き人間の私がもっとも好んで、わざわざ青森市から通っている弘前市の有名ラーメン店(高橋中華そば)です。

ここのラーメンは大好きなのですが、どんどん値段が上がっているところが玉にきず。

ひたすら目的地(高橋中華そば)を目指して走行。運転は普段どおりを心掛け、なるべく低燃費運転はしないようにしました。

高橋中華そば

そして目的地の高橋中華そばへ到着。

弘前へ到着した時のマルチファンクションディスプレイの燃費表示は17.6㎞/L

レヴォーグ1.6燃費計測を実施往路結果

そして大好きなラーメンを堪能して復路を走行。スタート時に満タン給油したガソリンスタンドを目指します。

途中、「道の駅なみおか」に立ち寄ってそば饅頭を購入。その後コンビニ1軒に立ち寄ってお茶を購入し10分程休憩。

あとは目的地青森市のガソリンスタンドを目指して走行し、無事に到着しました。

 

スタンドでは、どのくらいガソリン量が給油できるんだろう?と思いながら回転する給油量数値を見ていたら、あっけなくすぐに給油終了。

あまりに早かったため、もう一度少しだけハンドルを引いて給油を足したけど給油量2.7ℓ

レヴォーグ1.6燃費計測を実施ガソリンスタンド

車に戻って電卓で計算をしたところ、何と64㎞ ÷ 2.7ℓ = 23.7㎞/ℓ !!!

レヴォーグ1.6燃費計測を実施ガソリンスタンド

計算間違いかと、レシートを見直してもう一度計算したが間違いなしでびっくり!という流れでした(笑)

レヴォーグ1.6燃費計測を実施マルチファンクションディスプレイの燃費

そしてマルチファンクションディスプレイの燃費表示はと言うと…16.7㎞/と表示されていました。

 

レヴォーグのカタログ燃費値

ここでレヴォーグのカタログ燃費値を見ていきましょう。

レヴォーグ1.6燃費カタログ値

燃料消費率(km/L)(国土交通省審査値)レヴォーグ 1.6【JC08モード】16.0㎞/L

となっています。

参考までに2.0のカタログ燃費値は 13.2/L です。

 

燃費計測モードについては、1991年に定められた10・15 モードから2011年にJC08モードへ変更となり、現在では国際的な試験法であるWLTCモードへと移行しています。

カタログ記載のJC08モードは、10・15 モードをさらに実際の使用状況に近づけるために変更した日本独自の試験法ですが、それをさらに実態値に近づける試験法がWLTCモードです。

 

▼関連記事はこちらです。

 

スバル レヴォーグ 1.6 の燃費まとめ

今回は郊外路における燃費の実地計測をおこないました。

燃費計測については、「市街地」「高速道路」「高速道路アイサイト使用時」もおこない、すべてを総合したものを燃費値とすることが必要です。

この先、機会を見てこれら燃費計測をおこなうことも考えていく予定です。

 

レヴォーグは、とことん走りにこだわったスポーツワゴンです。そのうえ真の4WDと言えるフルタイム四駆を搭載した、まさに走るスポーツワゴンです。

現在ではレヴォーグに対抗する国産スポーツワゴンと言えば、アテンザワゴン(マツダ6)が浮かぶくらいですが、

マツダ6ワゴン

マツダ6のカタログ燃費値はWLTCモードで12.4~15.0km/L(2WD)と記載されており、この値はレヴォーグ1.6(JC08モード16.0)を上回る数値と予想されます。

 

燃費面でライバル車に少し遅れをとってはいますが、フルタイム4WDを搭載し、悪路・雪道等で大きな安心感を与えてくれる、しかも走りの楽しい積載性も兼ね備えたレヴォーグ。

スポーツ走行に優れたフルタイム4WD搭載車としては、合格点をあげても良いのではないでしょうか。

 

レヴォーグ1.6燃費計測

 

レヴォーグ スバル公式ホームページです

 

今回の記事は以上です。

お読みいただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
たか
あなたに走りの楽しさを伝えたい!「たか」です。2020年3月ついに38年間のサラリーマン生活に終止符を打ちました。愛車レヴォーグに関すること、試乗記、青森県のドライブ・観光情報など、車と地元青森に関する情報を提供して参ります。 現在レヴォーグでのカーライフを満喫して本州最北端の豪雪地で夫婦2人暮し。2019年1月にYouTube開始、動画100本越え毎週更新中。年内チャンネル登録者1万人目指して奮闘中です。2020年2/29にブログを立ち上げました。今後、本ブログを育てていきますので、どうぞよろしくお願い致します。




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© レヴォーグで青森のドライブを楽しむ。 , 2020 All Rights Reserved.