レヴォーグSTIオーナーの自動車情報ブログ







スバル レヴォーグ現行最終モデルF型【1.6 STI Sport ブラックセレクション試乗!】

たか
WRITER
 
レヴォーグF型STI SPORTブラックセレクション





この記事を書いている人 - WRITER -
たか
あなたに走りの楽しさを伝えたい!「たか」です。2020年3月ついに38年間のサラリーマン生活に終止符を打ちました。愛車レヴォーグに関すること、試乗記、青森県のドライブ・観光情報など、車と地元青森に関する情報を提供して参ります。 現在レヴォーグでのカーライフを満喫して本州最北端の豪雪地で夫婦2人暮し。2019年1月にYouTube開始、動画100本越え毎週更新中。年内チャンネル登録者1万人目指して奮闘中です。2020年2/29にブログを立ち上げました。今後、本ブログを育てていきますので、どうぞよろしくお願い致します。

あなたに走りの楽しさを伝えたい!こんにちは、たかです。

 

今年2020年はレヴォーグがフルモデルチェンジを控えていますが、ここにきて2021年には2.4ℓターボが出ることがにわかに真実味を帯びてきました。

しかしながら今でないと購入できない、ある意味貴重な現行最終モデルF型

「F型購入で悩んでいる方」また「現行モデルの中古車購入をお考えの方」のためにも実際のレヴォーグSTIオーナーとして、良い点悪い点を含めてここはしっかりとレビューをしていきたいと思います。

今回は、現行最終モデルとなる「F型 1.6 STI Sport Black Selection EyeSight」に試乗して来ましたので、試乗レビュー内外装・装備の主な内容、この車のおすすめポイントを紹介したいと思います。

現行最終モデルの魅力に迫ります。

レヴォーグF型STI SPORTブラックセレクション

特別仕様車「レヴォーグ STI Sport Black Selection EyeSight(1.6/2.0)」は、2019年6月27日に発売されました。

「STI Sport EyeSight(1.6/2.0)」をベースにしており、主な変更点は次のとおりです。

主な変更点

◆ハイビームアシストが作動する車速を従来の40Km/hから30km/hに変更

◆ボディカラーが「ダークグレー・メタリック」、「ストームグレー・メタリック」の2色に代えて「マグネタイトグレー・メタリック」を追加

◆エクステリアでは、タイヤとアルミホイールを18インチにサイズアップの上、ブラック塗装+切削光輝仕様に変更

◆カラードドアミラー&カラードドアハンドルをブラックにそれぞれ変更

◆インテリアでは、シート、スライド機構付コンソールリッド、ドアトリム/ドアアームレストの基調色をブラック+レッドステッチに変更

◆フロントコンソールもブラック色に変更し、レザー調素材巻+レッドステッチの加飾を施した

◆シート素材には「ウルトラスエード/本革」を採用するとともに、RECARO製フロントシート+運転席8ウェイパワーシートをメーカーオプションで設定

※ブラックセレクション発売時にグレード体系が一部変更され、SUBARU60周年特別記念車として設定されていた「1.6GT EyeSight Smart Edition」および「1.6GT EyeSight V-SPORT」をカタログモデルに昇格した一方、「1.6GT EyeSight S-style」は廃止となりました。

レヴォーグF型STI SPORTブラックセレクション

【レヴォーグ1.6Lの詳細スペック】

  • 形式FB16
  • 1.6ℓ DOHC 16バルブ デュアルAVCS直噴ターボ”DIT”
  • 最大馬力170馬力/4800-5600回転
  • 最大トルク25.5kg.m/1800-4800回転
  • SI-DRIVEはi/s(インテリジェンスとスポーツ)2モード
  • 燃料タンクは60L
  • レギュラーガソリン仕様
  • 1.6Lモデルのみアイドリングストップ機能が付属

スバル レヴォーグ 1.6 STI Sport ブラックセレクションの試乗レポート

日本では数少ないツーリングワゴンの筆頭であり、走りが楽しくて安全装備にも優れた車がレヴォーグです。

今回の試乗で、私のD型 1.6 STIスポーツと果たして乗り味が違うのか?体で目一杯感じながら試乗をしてきた感想を述べたいと思います。

 

レヴォーグF型STI SPORTブラックセレクションステアリング

かいま見える、赤で縁取られたメーターが「大人の走り心」をくすぐります。

 

レヴォーグ F型 1.6 STI Sport Black Selectionの走行フィール

ステアリングフィール

レヴォーグF型STI SPORTブラックセレクションフロント車内

レヴォーグ STI SPORTの一番の特徴と言っても良いのでは?と思うくらい良い点です。

私もいろいろな車に試乗してきましたが、これほどしっくりと来る車はそう多くないと思っています。

リニアな操舵感はまさに絶妙、コーナーでハンドルを切る時の感覚がちょうど自分と合っている。

このステアリングを握ってからは、遊びの多いハンドルはすぐにわかり運転が楽しくない?と感じるようにまでなっていました。

いつまでもコーナーを曲がっていたい!ホントそういう感覚なのです。

ステアリングは、路面からの振動・走行フィールが直接伝わってくる重要な部分です。ドライバーは、ステアリングで走りの楽しさを味わっているわけです。

 

加速フィール

レヴォーグF型STI SPORTブラックセレクション走行フィール

1.6ℓは、125kW (170PS)と250N・m (25.5kgf・m)のパワーを発揮します。

これまで大パワー排気量の車を乗っていた人でなければ、充分なパワーを感じることが出来ると思います。

特にターボが効いた時のパワー感は楽しいですね。

欲を言えば、走り出しのレスポンスがもう少しあれば言うことなしですが、そこも普通に乗っている分には必要充分なものがあります。

これ以上のパワーを求めるのであれば、2.0ℓの300PS/408N・mを購入したほうが幸せになれます。

 

乗り心地

レヴォーグF型STI SPORTブラックセレクション乗り心地

スポーツ走行をする車にとって一番悩ましいのがこの部分です。

旋回性に重きを置くために、どうしても足回りは硬くなりがちです。

STI SPORTは他のモデルに比べると、しなやかで乗り心地も良いと言われていますが、それでも普通のファミリーカーに乗っていた人間にとっては硬く感じる足回りです。

ただ、ビルシュタインの足回りは振動した直後の収まりは良く、私の場合特にSTIフレキシブルオプションパーツ(STIフレキシブルタワーバー・フレキシブルドロースティフナー・フレキシブルサポートサブフレームリヤ)を装着した後は、さらに足が細かく動いているのを感覚として感じています。

走りを楽しむための足回り… このくらいのほど良いカチッと感は必要ですね。

 

ロール感

レヴォーグF型STI SPORTブラックセレクションロール感

WRXのステーションワゴン的な存在として優れた高剛性をもって作られたレヴォーグですが、コーナーでのロールは少ないながらも、それでもロールは感じます。

ロールに関しての私の正直な感想としては、新型プラットフォームと新しい制御を採用している最新のマツダ3・トヨタヤリスなど、発売されたばかりのロールが少ない車種に比べると、現在においては一歩先を行かれた感はあります。

ただし、これはプラットフォームにも由来しているため、SGPレヴォーグであればそれらを十分に凌駕するでしょう。

 

今では、いろいろなメーカーで新しい制御を生み出してきていますが、レヴォーグの制御はフルタイム4WDを軸とした優れた電子制御LSDを採用しています。

1.6ℓは前後駆動力配分がFF的なACT-AWD(60対40を搭載。FF車に近い挙動で安定志向が強く、誰にでも扱いやすいのが特徴です。

状況に応じて100:0のFF状態から50:50まで変動するもので、スバルAWDの中でも最も駆動配分比率の変動量が多いシステムです。

2.0ℓはさらにスポーツ走行を高めるためにFR的なVTD-AWD(45対55)を搭載し、後輪に駆動力が多めに振り分けられています。

 

▼新型レヴォーグに関する記事はこちらからご覧いただけます。

 

静粛性

レヴォーグF型STI SPORTブラックセレクション静粛性

静粛性については少し課題が残る点です。

エンジン音等は入ってこないのですが、採用しているタイヤの影響もあるためか、ロードノイズが一定量入ってくるために残念ながら静かなクルマとは言い難い…

不快という程のものではありませんが、このロードノイズ対策が施されれば、運転が楽しいレヴォーグがさらに快適になること間違いなし!と断言します。

静粛性が加われば、この車の楽しさが倍増すること請け合いです。

 

接地感

レヴォーグF型STI SPORTブラックセレクション接地感

直進でもそうですが、特にコーナーを曲がっている時の接地感は優れたものがあります。

路面にピタッと張り付いている感じですね。

私は購入当初、この接地感の良さに感激して動画でも良く話していたと記憶しています。

スバルのシンメトリカルAWDと水平対向ボクサーエンジンの組み合わせは、接地感の面でも優れた効能を発揮していると思います。

真のフルタイム四駆の実力がここにもいかんなく表れている、そう感じます。

 

視界性能

レヴォーグF型STI SPORTブラックセレクション視界性能

スバルのクルマは、どのクルマであっても視界性能に優れていると言われています。

このレヴォーグもご多分に漏れず、優れた視界性能を発揮してくれています。

後席サイド側には視界を良くするための三角窓が設けられており、後方の見通しをさえぎりません。

またフロント両サイドにも同様の三角窓があり、安全に気持ち良く運転するための配慮がなされています。

視界の良い気持ち良さで、存分に走りを楽しみことが出来る!それがスバル車の統一した思想だと思います。

 

ドライブモード

レヴォーグF型STI SPORTブラックセレクションドライブモード

1.6 STI Sportには、Iモード(インテリジェントモード)とSモード(スポーツモード)が搭載されています。

Iモードは通常のモードで、普段街乗りで普通に走るモード。特に過不足を感じることもない走行モードです。

ほぼこのモードで走って何ら不自由は感じないでしょう。

Sモードは、その名のとおりスポーツ走行する時に使用するモードです。

高速道路への進入時などの急加速が必要な場面、ワインディングのアップダウンが続くコース等で活躍してくれます。

Sモードにするとエンジン回転数が上がるため、アクセルレスポンスも変わりスポーティに走行することができます。

Sモードは、普段から常用的に使ってしまうと燃費に影響が出るところが玉にきずです。

 

▼動画はこちらからご覧いただけます。

 

▼関連記事はこちらからご覧いただけます。

 

レヴォーグ F型 1.6 STI Sport Black Selection主な内外装と装備

レヴォーグF型STI SPORTブラックセレクション

真正面の凛々しい姿、いかがでしょうか。

個人的には、このブラックも好みです。私の場合いつもそうなのですが、傷対策等のメンテナンスを考えて最後は違う色にしてしまうのですが、ブラックは最初必ず購入候補に入っています。

 

レヴォーグF型STI SPORTブラックセレクションアルミホイール

アルミホイールは、18インチブラック塗装+切削光輝仕様に変更になりました。

 

レヴォーグF型STI SPORTブラックセレクションドアミラー

カラードドアミラーも、シルバーからブラックに変更。

 

レヴォーグF型STI SPORTブラックセレクションマグネタイトグレーメタリック

新色のマグネタイトグレーメタリック

 

レヴォーグF型STI SPORTブラックセレクションシート

シート素材には「ウルトラスエード/本革」を採用。うらやまし~い!スエード部分の触り心地が良く、座っても滑りにくいシートでした。

 

レヴォーグF型STI SPORTブラックセレクションレカロシート

こちらはオプション設定で約20万円のRECAROシート。

座った感じでの個人的感想は、標準シートのほうが体にしっくりきた印象があります。

RECAROシートになると、ランバーサポートの調整がなくなりますが、見た目の質感はピカイチです。

 

レヴォーグF型STI SPORTブラックセレクションコンソールリッド

フロントコンソールもブラック色に変更し、レザー調素材巻+レッドステッチ仕様。

操縦する人を満足させるレベルだと思います。

 

レヴォーグF型STI SPORTブラックセレクションシートドアアームレスト

ドアトリム/ドアアームレスト。ブラック+レッドステッチ。

なかなか質感高いです。

 

レヴォーグF型STI SPORTブラックセレクションアルミペダル

吊り下げ式のアルミパッド付ペダル。操作感よく、見た目もスポーティですね。

 

レヴォーグF型STI SPORTブラックセレクションパワーウィンドウスイッチ

パワーウィンドウスイッチは、質感も高く満足度を満たしてくれます。

 

レヴォーグF型STI SPORTブラックセレクションステアリング加飾

D型はシルバー塗装ですが、F型はご覧のブラック塗装になりました。

 

レヴォーグF型STI SPORTブラックセレクションスマートリヤビューミラー

レヴォーグF型STI SPORTブラックセレクションスマートリヤビューミラー

スマートリヤビューミラーは、リヤゲート内側のカメラの映像をバックミラーに映し出す機能。

後席に人が乗っていたり、荷物で後ろがさえぎられてしまう時や、夕方・夜間・悪天候時などで後方が見えにくくなる場合でも後方確認をサポートする機能です。

映像も比較的鮮明で、後ろを気にしないで運転に専念することができます。

 

レヴォーグF型STI SPORTブラックセレクション自動防眩ミラー

自動防眩ミラーは、周囲の光や後続車のライトの眩しさを自動的に軽減する機能。

効果が気付きにくいですが、知らず知らずのうちに助けられている機能です。

 

レヴォーグF型STI SPORTブラックセレクションハイビームアシスト

ハイビームアシスト」は、ヘッドランプのハイビームとロービームを自動で制御してくれる機能。

便利な機能で、夜間運転走行時に多大な運転サポートをしてくれます。

最初の頃は、

・対向車が来た時に、もしハイビームになってしまったらどうしよう…

・本当にハイビームとロービームが切り替わるんだろうか…

などと、いらぬ心配をして、なかなか使用に至りませんでした。

でも結果は…

・暗がりの道ではハイビーム。

・対向車が来た場合はロービームへ切替え。

ちゃんとやってくれており、心配は杞憂に終わりました(笑)

ステアリング連動ヘッドランプ」は、カーブや交差点を曲がる時にステアリング操作に連動して進行方向の先を照射くれる機能。

車両や歩行者をいち早く認識できるなど、夜間走行の安全性を高めてくれます。

 

レヴォーグF型STI SPORTブラックセレクションマルチファンクションディスプレイ

レポートマルチファンクションディスプレイフロント映像
レポートマルチファンクションディスプレイフロント映像

マルチファンクションディスプレイは仕様変更なし。燃費・航続可能距離等、設定によりいろいろな数値を表示できます。

また安全装備機能として、フロントおよびフロントサイドの映像を表示できます。

 

レヴォーグF型STI SPORTブラックセレクションパナソニックナビゲーション

パナソニックナビ」は、マルチファンクションディスプレイと唯一連動できるナビです。

使い勝手も普通で、音質も悪くなく、普通に使えると思います。

私は、収まり具合・見た目とディスプレイとの連動で、こちらにしました。

 

連動オートエアコン

デュアルオートエアコン。使いやすく、運転席・助手席それぞれで温度設定ができるエアコンです。

 

レヴォーグF型STI SPORTブラックセレクションセンター下の小物置き・USB電源

フロントセンター下の小物置き・USB電源×2。

 

 

レヴォーグF型STI SPORTブラックセレクションAVHとアイドリングストップオフスイッチ

AVH(オートビークルホールド)とアイドリングストップオフのボタン。

AVHブレーキホールドは、一度使ってしまうと手放せない機能です。

 

レヴォーグF型STI SPORTブラックセレクションシートヒータースイッチ

運転席・助手席のシートヒータースイッチ。実際に冬は助かってます。

 

レヴォーグF型STI SPORTブラックセレクションセンターコンソールBOX内

大容量のセンターコンソールBOXの中。ちょっと見づらいですが結構な量が入ります。

 

レボーグF型STI SPORTブラックセレクション後席の広さ

後席はシート形状が変更になったためか、D型に比べて足元が広くなった気がします。

一瞬、マイナーチェンジにより後席そのものが広くなったのかと錯覚しました。

 

レヴォーグF型STI SPORTブラックセレクションリヤの見晴らし

リヤサイド側に三角窓があるため見晴らしは良いです。スバル車の視界の良さは安全意識の高さから来ていますね。

 

レヴォーグF型STI SPORTブラックセレクションリヤアームレスト

リヤアームレストは、大きめでドリンクホルダー2箇所付きです。

 

レヴォーグF型STI SPORTブラックセレクションラゲッジルーム

ワゴン車だけあって、かなりの大容量ラゲッジスペースが広がっています。

買い物で少し大きめのものを買っても余裕で入ります。

 

レヴォーグF型STI SPORTブラックセレクションラゲッジルームシートを倒した状態

4:2:4分割シートのため、長尺ものも積載できます。

 

▼関連記事はこちらです。

 

レヴォーグ現行最終モデルF型まとめ

ここまで現行F型1.6 STI SPORTブラックセレクション」について詳細を見てきました。

私も今更ながら、あらためてこの車の良さを再認識したように思います。

この車を試乗した時は、正直マイナーチェンジにより足回りが一段なめらかになっているのではないか?と感じたのも事実ですが、真相はどうなのかわかりません(後でディーラー営業担当の方に聞いたのですが、そういった情報は入っていないとの事でした)

改善を望みたい点も挙げながら、この車の走行フィールの良さ装備内容などについてご紹介しましたが、まだまだここで紹介しきれていない部分もあります。

パワーについては、これまでハイパワー車を乗っていた方であれば2.0ℓをおすすめしますが、そうでない方であれば1.6ℓで十分なパワーがあります。

秋に発売予定とされる新型レヴォーグは確かに魅力的ですが、フルモデルチェンジ初期モデルは何がしかの欠陥・不具合があるというのも事実。

ここは新車・中古車を問わず現行型を選択して、数年後に新モデルにチェンジする。なんていうのもひとつの選択肢かもしれませんね。^_^

 

レヴォーグ STI Sport Black Selection EyeSightのスバル公式ホームページです。

 

 

今回の記事は以上です。

お読みいただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
たか
あなたに走りの楽しさを伝えたい!「たか」です。2020年3月ついに38年間のサラリーマン生活に終止符を打ちました。愛車レヴォーグに関すること、試乗記、青森県のドライブ・観光情報など、車と地元青森に関する情報を提供して参ります。 現在レヴォーグでのカーライフを満喫して本州最北端の豪雪地で夫婦2人暮し。2019年1月にYouTube開始、動画100本越え毎週更新中。年内チャンネル登録者1万人目指して奮闘中です。2020年2/29にブログを立ち上げました。今後、本ブログを育てていきますので、どうぞよろしくお願い致します。




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© レヴォーグで青森のドライブを楽しむ。 , 2020 All Rights Reserved.