レヴォーグSTIオーナーの自動車情報ブログ







スバル レヴォーグ納車1年3ヶ月の感想 1.6 STI SPORT D型 良いところ悪いところ

たか
WRITER
 
レヴォーグSTI納車1年3ヶ月の感想





この記事を書いている人 - WRITER -
たか
あなたに走りの楽しさを伝えたい!「たか」です。2020年3月ついに38年間のサラリーマン生活に終止符を打ちました。愛車レヴォーグに関すること、試乗記、青森県のドライブ・観光情報など、車と地元青森に関する情報を提供して参ります。 現在レヴォーグでのカーライフを満喫して本州最北端の豪雪地で夫婦2人暮し。2019年1月にYouTube開始、動画100本越え毎週更新中。年内チャンネル登録者1万人目指して奮闘中です。2020年2/29にブログを立ち上げました。今後、本ブログを育てていきますので、どうぞよろしくお願い致します。

あなたに走りの楽しさを伝えたい!たかです。

 

待望のレヴォーグSTIを購入後、生活の中心となるくらい?レヴォーグライフを楽しんでいますが、みなさまお元気でお過ごしでしょうか。

昨今の地球規模にまで広がってしまった由々しき問題で、ご苦労されている方もいらっしゃるのではないでしょうか。(-_-;)

皆様のご健康とご多幸をお祈りいたします。

レヴォーグSTI納車1年3ヶ月の感想

今回は納車1年3ヶ月経過時点(約1年前の2019年3月)のレヴォーグオーナーとしての感想、良いところ悪いところを含めて率直な感想を述べたいと思います。

この感想につきましては今現在でも変わっておらず、本記事がレヴォーグに興味をお持ちの方々の参考になれば幸いです。

【レヴォーグ 1.6 STI SPORT D型 2017年12月納車です】

 

今回の記事は…

★レヴォーグ購入時に本命だった新型カムリとの比較

★レヴォーグSTIの良いところ

★レヴォーグSTIの悪いところ(改善希望点)

以上について述べたいと思います。

 

レヴォーグは今年2020年秋にフルモデルチェンジが予定されていますが、価格アップが予想されており、新車・中古車を問わず現行レヴォーグをお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

レヴォーグオーナーとして実際に感じている率直な感想をお話します。

 

レヴォーグ購入時に本命だった新型カムリとの比較

レヴォーグ購入時に比較検討した車達」については別の記事で紹介していますが、これまでファミリーカーしか乗ってこなかった私が、なぜ初のスバル車だったのか、しかもスポーツ車であるレヴォーグをなぜ選んだのか?という点について、購入前から購入に至るまでの詳細を記事にしています。

 

▼ レヴォーグに惚れこんだ理由・経緯については、こちらからご覧いただけます。

 

新型カムリ

本記事(納車1年3ヶ月の感想)は動画でもアップしていますが、動画ではまずレヴォーグ購入時に妻の一押しだった新型カムリのお話からスタートしています。

レヴォーグが出てくるのは(というより知ったのは)カムリを検討し始めてからさらに後になります。

妻の一押しだったカムリではなく何故レヴォーグに決めたのか、ここではその理由についての詳細は省きますが、最終的にレヴォーグを選んで実際に1年3ヶ月乗っている時点で「妻がどう感じているのか?」をまず尋ねています。

妻の話しでは、「本当は後席も広くて乗っていてガタガタ振動もしない、快適でまるでお姫様にでもなったようなカムリが良かったのだが、お父さんのスポーツカーに乗りたい気持ちもわかるし…」ということでありました(汗)

確かにカムリはラグジュアリー志向でレヴォーグとは目指している方向が違うため、乗っていてどちらが快適か?と問われれば、それはカムリということになるでしょう。

しかしながらスポーティな走りを求めるとなると少し違ってきます。

カムリも、ある程度はスポーツ走行ができるクルマだと思いますが、レヴォーグスバルモータースポーツの象徴であるWRX STI・S4の兄弟車です。

走りに重きを置いたクルマで車づくりの根本から違っています。

私の頭の中は、走りに優れたスポーツ車に乗りたい!というところは譲れないところとなっており「レヴォーグに決めた理由」の動画・記事に登場してくる、他の魅力的な車達をおしのけて最終的には必然としてレヴォーグになりました。

 

▼ 動画はこちらからご覧いただけます。

 

レヴォーグSTIの良いところ

サスペンション

室内はボルドー/ブラック+レッドステッチがいたるところに施されていて満足感が高く、高級感があります。

またSTI SPORTは独自のSTIパーツが装備されており、この点も所有感を満たしてくれる良い部分でしょう。

特にSTIチューニングのビルシュタイン製ダンパー(フロント:DampMatic®Ⅱ、倒立式)は足の動きも良く、レヴォーグの持つ走りの性能をサポートしてくれています。

ピタッと路面に張りついたように、ステアリングを切ると自分の思ったようにコーナーをトレースして曲がってくれる、この瞬間に乗っている喜びを感じるところでもあります。

車線変更をする際も挙動が乱れずにそのままの姿勢で移動してくれるため、車線変更が楽しくて仕方がない時もありました(笑)

 

スバルシンメトリカルAWD

また雪道を走行する場合に於いても、これほど横ずれがしない車は初めての経験です。

降り積もった雪が固まってできた段差のある路面でも、横ずれがないために安心して走行することができ、雪道での大きな安心感をもたらしてくれています。

これはスバルのシンメトリカルAWDが大いに起因しているのでしょう。

ステアリングフィールが良くコーナーで曲がることが楽しい!このクルマに乗ってからは子供のようにコーナーを求めている私がいました…(笑)

しかも凛々しい男前の顔です、もう十分でしょう!(笑)

ここから下はもう読まなくてもよいかも…

 

▼関連記事はこちらです。

 

レヴォーグSTIの悪いところ(改善希望点)

後席スペース

レヴォーグSTIボルドーシート

悪いところと言うと、さも駄目なようですが、ここからお話しする内容はもちろん一定レベルは満たしているものの、個人的にこうあってくれればもっと良いのに!と思う点です。

まず一番にあげられるのが後席スペースのことです。

この車の一番のネックと言ってもよいでしょう。

ただしこれはカムリレベルと比較した場合の話しで極端に狭いということではありませんが、快適に過ごせる後席の居住空間があるかと問われると、やはり足りていません。

カムリレベルの余裕のある広さまでは求めませんが、あと5~10㎝前方向に余裕があるとかなり印象が変わると思います。

走りを優先した車づくりの中でそれが実現できれば、レヴォーグの車格がまたひとランク上がることは間違いないところだと思います。

 

シートのやわらかさと素材

レヴォーグSTIシートクッション

シートのやわらかさ

レヴォーグSTIのシートは、ボルドー&ブラックカラーの本革シートです。

落ち着きのあるボルドーカラーとブラックの本革シートは、普通レベルでは何も問題がないものと思われます。

が、私の場合やや柔らかいシートが合っていないためか、腰の方は大丈夫なのですがお尻(臀部)の痛みが起きるようになってしまいました。

※他の人の場合はこれにあたらないかもしれません。

長距離ドライブをするとお尻に痛みが走り、高速道路ではしょっちゅうサービスエリアに停まらないといけなくなってしまいます。

そのため何か良いシートクッションがないものか探していた時に、紹介していただいたシートクッションを購入して使用したところ、それ以来お尻の痛みから解放されています。

シートの造り自体をもう少ししっかりとしたものに改善して、むしろ適宜に硬めのシートにしたほうが人体に良い影響が出るものと思われます。

メルセデスのシートがそういうシートですし、最近フルモデルチェンジされたホンダフィット(Home)のシートはリーズナブルな価格ながらもそれを実現しています。

 

シート素材

WRXおよびレヴォーグ2.0GT-Sのシートはスェード素材が使われています。

着座部分にスェードが使われているため滑りにくく、手触りの良さも試乗で実感しました。

レヴォーグSTIのシートも「この素材が使われていれば良かったのになぁ」と思う点で羨ましいところです。

 

レヴォーグ 1.6 STI 納車1年3ヶ月の感想・まとめ

レヴォーグはどちらかと言うと、ドライバーが運転を楽しむためのクルマということが言えるかもしれません。

とは言っても同乗者が格別不快だと感じるレベルかと言うと勿論そこまでではありませんが、前に紹介したカムリ等に比べるとどうしても快適性の点では劣ってしまいます。

走りの楽しいレヴォーグにもう少しだけ快適性が加われば、このクルマ「鬼に金棒!」です。

その完成度はかなりのレベルまで到達すると予想されます。

 

 

スバルレヴォーグSTI公式ホームページです。

 

 

今回の記事は以上です。

お読みいただきありがとうございました。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
たか
あなたに走りの楽しさを伝えたい!「たか」です。2020年3月ついに38年間のサラリーマン生活に終止符を打ちました。愛車レヴォーグに関すること、試乗記、青森県のドライブ・観光情報など、車と地元青森に関する情報を提供して参ります。 現在レヴォーグでのカーライフを満喫して本州最北端の豪雪地で夫婦2人暮し。2019年1月にYouTube開始、動画100本越え毎週更新中。年内チャンネル登録者1万人目指して奮闘中です。2020年2/29にブログを立ち上げました。今後、本ブログを育てていきますので、どうぞよろしくお願い致します。




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© レヴォーグで青森のドライブを楽しむ。 , 2020 All Rights Reserved.