レヴォーグSTIオーナーの自動車情報ブログ







自宅で二郎系!宅麺【麺屋桐龍らーめん豚2枚】を調理して味わう!二郎インスパイア

たか
WRITER
 
自宅で二郎系麵屋桐龍





この記事を書いている人 - WRITER -
たか
あなたに走りの楽しさを伝えたい!「たか」です。2020年3月ついに38年間のサラリーマン生活に終止符を打ちました。愛車レヴォーグに関すること、試乗記、青森県のドライブ・観光情報など、車と地元青森に関する情報を提供して参ります。 現在レヴォーグでのカーライフを満喫して本州最北端の豪雪地で夫婦2人暮し。2019年1月にYouTube開始、動画100本越え毎週更新中。年内チャンネル登録者1万人目指して奮闘中です。2020年2/29にブログを立ち上げました。今後、本ブログを育てていきますので、どうぞよろしくお願い致します。

自宅で二郎系麵屋桐龍宅麺

あなたに走りの楽しさを伝えたい!たかです。

今回のグルメシリーズは、レヴォーグでいく地元グルメではなく全国有名ラーメン店の、しかもお店そのままの味が自宅で直接味わえる「自宅で二郎系第2弾!」です。

一昔前であれば、自宅でお店そのままの味が楽しめるなんてことは夢物語…でしたが、今では宅麺さんを中心にこれに後続する業者さんも出てきています。

ラーメンとひとくちに言っても様々な種類のものがありますが、そのなかでも今回は、私が愛してやまないラーメンのひとつ、二郎インスパイアに注目!

お店の味がそのまま味わえるだけあり、値段もやや高価で、単品購入だと送料も高くつくため、まとめて3種類の二郎インスパイアを購入。

 

今回は、1品目に続いて初めて購入した注目のお店、「麺屋桐龍(きりゅう)」さんを紹介します。こちらは以前から注目していたお店で、ずいぶん前から気になっていた二郎インスパイア。必ずや凝縮された二郎系を味合わせてくれると信じての購入です。

 

今回購入した宅麺二郎インスパイア3品

今回購入した二郎インスパイアラーメンは下記のとおりです。

★ 俺の生きる道 ラーメン ※ 1個 1050円

(ブログおよびYouTubeで既に発信済)

★ 麺屋桐龍 らーめん(豚2枚) ※ 1個 1030円

★ ラーメン☆ビリー 豚増ラーメン辛魚粉付 ※ 1個 1080円

※ちなみに、送料・冷凍配送料・梱包手数料 1260円が別途かかります。

私が初めて宅麺を利用したのが今から約4年前のこと。初めはどんな感じなのか?わからないながらも注文したが、「値段が高いのだからちゃんとしたものなのだろう」とチャレンジ精神でネットから注文しました。

その後お気に入りになりながらも、そう頻繁には頼んでいませんでしたが、それでもこれまでの合計約20食といったところでしょうか。そのほとんどが二郎系インスパイアで占められています… (;’∀’)

あっ、そういえば「中華蕎麦 とみ田 つけそば」も、うまかったです!😋

 

<本家二郎のことを少し…
二郎にはまりだしてから、これまで様々な二郎インスパイアを食べてきました。本家二郎は残念ながら宅麺には対応していない模様で、店舗も主に関東周辺にしかないため(約40店舗)、これまで食したのは三田本店・閉店した大宮店・品川店の3店のみです。

※本家二郎はお取り寄せでの購入はできませんが、宅麺がおいしい二郎インスパイアを提供してくれて助かっています。

 

▼関連記事はこちらからご覧いただけます。

 

宅麺.comの紹介

宅麺トップページ

※宅麺.comホームページから引用。https://www.takumen.com/

ホームページには、【トップ・商品を探す・ランキング・宅麺レビュー】等が、カテゴリー表示されていて、自分のお好みのラーメンを探すことができます。

人気ランキング、新着ラーメン・つけ麺などの新情報もその都度更新されています。

 

宅麺.comは、全国津々浦々の行列店のラーメン・つけ麺の中から厳選した商品をお取り寄せできる通販サイトです。 店舗で出されているスープと麺・具材をそのままを冷凍し、自宅で調理することで、これまで店舗でしか味わえなかった味を自宅でも楽しむことができます。

 

人気&有名店のラーメン通販サイト 宅麺.com

人気&有名店のラーメン・つけ麺をお取り寄せ通販でお楽しみください!全国から約100種類の醤油、味噌、塩、豚骨ラーメンや二郎系ラーメン、つけ麺もご用意しています。

初めての方は左上の「宅麺とは?」からお取り寄せラーメン通販の宅麺.comについて説明をどうぞ。

「商品を探す」からは、味の種類や麺の太さなどのこだわり条件でラーメンを見つけることができます。「ランキング」ではラーメンやつけ麺のランキングを紹介しています。

 

麺屋桐龍 らーめん豚(2枚)

それでは今回の主役、上記購入した3種類のうち第2弾として「麺屋桐龍らーめん豚2枚」の登場です。

「俺の生きる道」と同様、麺屋桐龍も、今回初めて注文しました。

宅麺麺屋桐龍らーめん豚2枚

<麺屋桐龍らーめん豚2枚

ラーメン二郎出身である店主が研究を重ねて作られるラーメンは個々の美味しさを追求しながら、絶妙なバランスで旨みのピークを引き出す!
豚はバラ肉とウデ肉の2種類が入り、豚好きにもたまらない!

【宅麺紹介記事より】https://www.takumen.com/products/1159

それでは今回も、宅麺二郎インスパイア「麺屋桐龍らーめん豚2枚」を調理していきましょう。( ^ω^ )

麺屋桐龍らーめん豚2枚商品詳細

▲カチンカチンの冷凍の状態で届きます。調理は冷凍のまま開始します。

内容物は、豚入りスープ、麺、背脂、説明書

麺屋桐龍らーめん豚2枚の冷凍麺

▲平打ち極太麺(280g)もカチンカチンの状態、このまま沸騰したお湯で茹でます。

麺屋桐龍らーめん豚2枚宅麺の説明書

▲調理時間:スープ15分、麺4~6分、背脂3~4分と書かれています。調理時間は、お店によってそれぞれ違うのが面白いところ。

私の場合は、麺をもっと柔らかめで食べたいので、麺の茹で時間は今回10分にします

でも、これまでの経験上11分でもいいかも… 個人的に柔らかめが好きなんです…(二郎系全般) (*‘∀‘)

大型鍋2つを火にかける

▲今回も大きめの鍋2つを火にかけて沸騰させます。その間に野菜の準備をしていきます。

もやしを準備

▲二郎系に欠かせない野菜「もやし」200g入り。今回は違うメーカーのものにしました。

青森県産ニンニク

▲ニンニクはもちろん青森県産にんにく、ひとかけらを使用。きゃべつは半玉の1/3ほどを準備。

二郎インスパイアに外せないもやしを準備

▲もやしの根っこを取ります。そのままでも食べられますが、一応取ったほうがおいしいみたいです。

二郎インスパイアに外せないニンニク

二郎にニンニクはうまし

▲ニンニクをみじん切り(ひとかけらを使ってます)

豚入りスープを湯煎する

▲お湯が沸騰したら、タイマー15分にセットして冷凍の豚入りスープを投入。

沸騰したお湯に冷凍麺を投入

▲タイマー残り11分の時点で麺を投入。その後は冷凍スープの鍋を使って野菜を茹でていく。

スープ・もやし・きゃべつ・背脂が入っています

▲冷凍の豚入りスープ・もやし・きゃべつ・背脂が入っています。

らーめんどんぶりを熱々に温める

▲ラーメンどんぶりを熱々の沸騰したお湯で温める。

熱々に沸騰した豚入りスープをどんぶりへ注ぐ

▲沸騰した豚入り熱々スープをどんぶりへ注ぐ。

茹で上げた麺を湯切り

▲茹であがった平打ち極太麺を素早く湯切り。

極太麺がどんぶりに入った状態

▲湯切りした麺をラーメン丼へ入れたところ。この時点で旨そうです。

野菜を盛りつけ

▲もやし・きゃべつの野菜も投入。

メインイベントの豚を盛りつけ

▲メインイベントの豚を盛りつけ。

二郎系に背脂を盛りつけ

▲おっと忘れていた、背脂の盛りつけ。

麺屋桐龍らーめん豚2枚出来上がり

▲はい、「麺屋桐龍らーめん豚2枚」のできあがり~!またも旨そう~

麺屋桐龍らーめん豚2枚をアップ

▲こちらはアップ画像。

脂は多く微乳化スープ

▲ 添付の背脂をすべてかけたこともあり、脂の量多し。

麺屋桐龍らーめん豚2枚をいただきます

▲それでは、いただきます~ ♪

今回は天地返しをしてからいただきました

▲今回は天地返しをしてから、いただきました。

黒烏龍茶で一呼吸

▲途中、黒烏龍茶でひと呼吸。

麺屋桐龍らーめん豚2枚を完食

▲史上最高の熱々ラーメンだったけど、うまかった~。ごちそうさまでした

食後のデザートキウイフルーツ

▲今回も食後のデザートにキウイフルーツを出してくれた。これで豚の脂が中和されそうな気分です。(´▽`)

 

宅麺を注文するときは、いつも少し高いなぁと思いながら注文するけど、お店そのままの味を自宅で味わえるのだから、新幹線代などを考えると安いものです。

そう言いながら、いつも注文しているのだから満足している証ですね。(;・∀・)

 

自宅で二郎系!宅麺【麺屋桐龍らーめん豚2枚】を調理して味わう!

 

▼関連記事はこちらからご覧いただけます。

 

宅麺の自宅で二郎インスパイア「麺屋桐龍らーめん豚2枚」まとめ

前回の「俺の生きる道」に引き続いて、今回の「麺屋桐龍らーめん豚2枚」はどうだったのか…

これまでに宅麺二郎インスパイアを20種類近く食べてきた私。今回ももちろん二郎系特有のうまみに舌鼓を打ったのはもちろんですが、今回の印象をひとことで言うと王道で食べやすい味!というのがストレートな感想。

みなさんにお勧めできる、二郎インスパイアを代表できるような王道の味というのが正直な感想です。

「麺屋桐龍らーめん豚2枚」を食べ終えての率直な感想

〇スープ(しょうゆ味)は、からさと甘みのバランスがとれた味と濃度。

〇微乳化スープで、添付の背脂を入れると脂の海になるのでほどほどに。

〇個人的には豚がもう一回り大きいのがほしい。

 

もちろん、レベルの高い二郎インスパイアラーメンであり、上記3点の特徴を挙げておきました。添付の背脂が味付け脂だとなお良かった。あれと野菜を一緒に食べると、うまさ倍増ですから!(*´▽`*)

280gの極太ちぢれ麺もボリューム満点で、完食時のお腹の状態は前回同様の満腹状態… (;´∀`)ゲップ

 

調理も比較的簡単で、お店そのままの味が自宅で楽しめる宅麺のラーメン。私のようなラーメン好きには外せないところとなっています。

配達はヤマトのクール宅急便で届くので、品質も安心感あります。私はこれからもまだまだお世話になることが確実ですが、残り1品となってしまいました。

残り1品:

ラーメン☆ビリー 豚増ラーメン辛魚粉付  1個 1080円

さあ、最後はいつごろ食べようかなぁ … (*‘∀‘)

 

グルメ好きの私としては、和食・洋食・中華、そしてラーメンを問わず、これからも美味しい食べ物を自ら体験して紹介していこうと思っています。よろしければ今後も参考にしていただければ嬉しいです。

最後に麺屋桐龍さんへの個人的要望としては… 「背脂を味付け脂にしてもらうと、なお嬉し!」これのみです(笑)

 

 

▼宅麺の公式ホームページです。https://www.takumen.com/

 

▼関連記事はこちらからご覧いただけます。

 

 

今回の記事は以上です。

お読みいただきありがとうございました。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
たか
あなたに走りの楽しさを伝えたい!「たか」です。2020年3月ついに38年間のサラリーマン生活に終止符を打ちました。愛車レヴォーグに関すること、試乗記、青森県のドライブ・観光情報など、車と地元青森に関する情報を提供して参ります。 現在レヴォーグでのカーライフを満喫して本州最北端の豪雪地で夫婦2人暮し。2019年1月にYouTube開始、動画100本越え毎週更新中。年内チャンネル登録者1万人目指して奮闘中です。2020年2/29にブログを立ち上げました。今後、本ブログを育てていきますので、どうぞよろしくお願い致します。




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© レヴォーグで青森のドライブを楽しむ。 , 2020 All Rights Reserved.