レヴォーグSTIオーナーの自動車情報ブログ







スバル レヴォーグSTI 10年ぶりの山道ワインディングコースをドライブ!【青森市~金木町往復70㎞】

たか
WRITER
 
レヴォーグSTI10年ぶりのワインディングコース





この記事を書いている人 - WRITER -
たか
あなたに走りの楽しさを伝えたい!「たか」です。2020年3月ついに38年間のサラリーマン生活に終止符を打ちました。愛車レヴォーグに関すること、試乗記、青森県のドライブ・観光情報など、車と地元青森に関する情報を提供して参ります。 現在レヴォーグでのカーライフを満喫して本州最北端の豪雪地で夫婦2人暮し。2019年1月にYouTube開始、動画100本越え毎週更新中。年内チャンネル登録者1万人目指して奮闘中です。2020年2/29にブログを立ち上げました。今後、本ブログを育てていきますので、どうぞよろしくお願い致します。

あなたに走りの楽しさを伝えたい!たかです。レヴォーグ 1.6 STI SPORT(D型)で相変わらず走りを楽しんでいます!

 

つい先日、レヴォーグの2年半点検を受けてきたのですが、点検した結果はすべて異常なし前回2年点検ではエンジンオイル交換もやっていて、それから2千キロちょっとしか走ってなかったのですが、念のため今回もオイル交換をやってきました。

オイル交換は本来有料だったのですが、私はスバルカードに入っていたため年1回無料でエンジンオイル交換ができる(工賃は別)特典があり、今回はそれを利用させてもらいました。

支払いは工賃分のみで、エンジンオイル+工賃で、税込1,150円でした。

 

青森市~金木町(往復70㎞)の山道ワインディングコースを目指して

今回は、YouTubeの前回動画でのコメントで、視聴者様から教えていただいたワインディングコースを走ります!青森市から金木町まで片道約35㎞、ワインディングコースだけだと片道約20㎞余りのコースになります。

ここは少なくとも10年以上は走行しておらず、うっかり頭から抜けていた、そんな懐かしいワインディングコースです。

青森市~金木町ロードマップ

実は教えていただいた視聴者様からは、以前にも絶好のドライブコース(竜飛崎方面)を教えていただいたことがあり、今回のこのコースもタイムリーなタイミングで教えていただきました。ありがとうございます。

こちらのコースも八甲田山と同様に、冬期間はゲート封鎖により通行止めとなる山岳コースで、春になるのを待ち望んでいる方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

というわけで、久しぶりのワインディングコースに向けて青森市の自宅を出発します。

 

エンジンオイルライン洗浄(スラッジナイザー)の効能

自宅車庫から出発してクルマを走らせるのですが、走り出しがスムーズです。

愛車レヴォーグSTIは2年点検の際におこなったエンジンオイルライン洗浄(スラッジナイザー)の効能もあり、エンジンの吹け上がりも良く相変わらず調子の良い状態です。

ここで、エンジンオイルライン洗浄(スラッジナイザー)のことを少しだけ紹介…

エンジンオイルライン洗浄

エンジンオイルライン洗浄とは

エンジンオイルライン洗浄とは、エンジン内に洗浄剤をポンプで循環させて洗浄し、フィルターでろ過する洗浄クリーニングです。 エンジン内部の不純物(カーボン、スラッジ)を溶解、排出して洗浄後はきれいでクリーンな状態になります。

 

この洗浄はオイル交換とセットでおこなわれるため、洗浄後はエンジンの吹けあがりも良くスムーズな加速が得られます。

クルマによっては効果が続く期間もマチマチのようですが、私の場合は洗浄後半年が経過しますが現在も引き続き効果が続いているように感じています。

 

▼エンジンオイルライン洗浄のことを扱った動画はこちらからご覧いただけます。

エンジン内にたい積したスラッジ・カーボン等を溶解・排出してエンジンをリフレッシュするこの洗浄。一度試してみてはいかがでしょうか。

▼スバル全国販売店一覧はこちら。

 

金木方面ワインディングコース(国道2号線)へ入る

青森方面から国道280号線を北上し、国道2号線へ左折で入っていきます。今日は幸いにして抜けるような青空で、気分も爽快でリフレッシュになるのでは?との期待も混じります。

ここを少し進んでいくと次第に緑が増えて、コースもワインディングへとその様相も変わってきます。

今の時期、私もこんなに新緑が見事だと思っていませんでした。が、ドライビング中に目に入ってくる緑が眩しすぎて、ときおりその鮮やかさに圧倒されます。

青森市~金木町新緑の季節ワインディング

日の当たる場所と日陰のコントラストが見事で、ときおり目を見張ることもありました。

ワインディングコースへ入り始めのときは、コーナーもなだらかでアップダウンもきつくありませんでしたが、奥へ入っていくにしたがって次第にきつくなり、その様相も変わってきます。

ですが、今日はゆったりのんびりとドライビングを楽しもう!と思っていたため、くつろいだ状態でドライブ出来ました ♪

 

金木町出身の有名人は

太宰治記念館「斜陽館」

金木町出身の有名人で一番先に思いつくのは、やはり「太宰治」であろう。

「走れメロス」「津軽」「人間失格」「斜陽」など数多くの名著で知られ、今でも「生誕祭」には、全国から多くの太宰ファンが金木町に訪れます。

その太宰のふるさと、金木町には太宰治記念館である「斜陽館」があり、ここは太宰治の実際の生家でもあります。

私が訪ねた日は、残念ながらコロナ自粛期間による臨時休業となっていて中を見ることはできませんでしたが、日本に再び人の往来が取り戻された暁には、この「斜陽館」もまた復活してくれるに違いありません。

 

そして金木町から私が連想するもうひと方と言えば、それは勿論「吉幾三」さんです。

「酒よ」「雪國」「俺ら東京さ行ぐだ」ほか、NHK紅白歌合戦にも数多く出場している演歌の大御所です。

私も大好きな歌手で、レコード・CDなども数枚持っていますが、五所川原市にある「吉幾三コレクションミュージアム」も2020年6月1日から営業再開する予定のようです。

 

新緑鮮やかなワインディングコース

道路幅は広くはないですが、青森の道路にしては舗装も良いほうなのではないでしょうか。

特に青森市の道路は除雪作業で壊されてしまうために穴ぼこだらけの道路が目立ちます。

ドライブ中、金木町に着くまでの間に背景のきれいな休憩場所があれば、そこでレヴォーグの写真を撮ろうと思っていましたが、ちょうど良くいかず復路で立ち寄ることにしました。

レヴォーグSTIの走りはいつもどおり軽快で、ハンドリングの秀逸さは特に優れていると感じるところです。

絶妙な操舵角とリニアなクイック感は、スバルレヴォーグの最も優れている点のひとつだと思います。しっとり落ち着いた動的質感がある中で、ステアリングを切ると思った通りの方向へトレースしていってくれる。

ここにレヴォーグの大きな満足感があるんだと思います。

新緑のワインディングレヴォーグSTI

山奥深くへ入っていくにつれて、コーナー・アップダウンもきつくなってきます。新緑に囲まれての走行は一段と格別のものがあり心身をリフレッシュしてくれます。

今回は比較的ゆっくりのんびりとドライビングを楽しんだのですが、1時間もかからずに金木町のいつもの長閑な田園風景とご対面することができました。

このコースは冬以外に金木方面へ行く際には必衰のコースで、中泊町・十三湖方面へと続いていきます。

青森~金木ワインディング新緑の休憩場所

復路では途中休憩場所でレヴォーグの画像も撮り、帰りのワインディングを楽しんで家路に着きました…

今回紹介したコースは、青森市から中泊・十三湖・金木・五所川原方面の観光スポットへ行くときに重宝される道路でもあります。ドライビングを楽しめる山岳コースになっていますので、機会のある方は一度走行されてみてはいかがでしょうか。

 

▼八甲田山周辺の観光スポットの記事はコチラ。

 

今回の記事は以上です。

お読みいただきありがとうございました

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
たか
あなたに走りの楽しさを伝えたい!「たか」です。2020年3月ついに38年間のサラリーマン生活に終止符を打ちました。愛車レヴォーグに関すること、試乗記、青森県のドライブ・観光情報など、車と地元青森に関する情報を提供して参ります。 現在レヴォーグでのカーライフを満喫して本州最北端の豪雪地で夫婦2人暮し。2019年1月にYouTube開始、動画100本越え毎週更新中。年内チャンネル登録者1万人目指して奮闘中です。2020年2/29にブログを立ち上げました。今後、本ブログを育てていきますので、どうぞよろしくお願い致します。




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© レヴォーグで青森のドライブを楽しむ。 , 2020 All Rights Reserved.