レヴォーグSTIオーナーの自動車情報ブログ







スズキ新型ハスラー外観&内装チェック【軽自動車がここまで進化】2020年1月発売

たか
WRITER
 
スズキ自動車新型ハスラー最上位モデル





この記事を書いている人 - WRITER -
たか
あなたに走りの楽しさを伝えたい!「たか」です。2020年3月ついに38年間のサラリーマン生活に終止符を打ちました。愛車レヴォーグに関すること、試乗記、青森県のドライブ・観光情報など、車と地元青森に関する情報を提供して参ります。 現在レヴォーグでのカーライフを満喫して本州最北端の豪雪地で夫婦2人暮し。2019年1月にYouTube開始、動画100本越え毎週更新中。年内チャンネル登録者1万人目指して奮闘中です。2020年2/29にブログを立ち上げました。今後、本ブログを育てていきますので、どうぞよろしくお願い致します。

スズキ新型ハスラーハイブリッド4WD

あなたに走りの楽しさを伝えたい!たかです。

軽自動車が初登場!

今回の記事は、初登場となる軽自動車、2020年1月にフルモデルチェンジしたスズキ新型ハスラーの外観&内装をみていき、内容を確認していく記事となります。試乗をしたのは今年3月頃でしたが、今でもよく覚えていて試乗時の感覚まで残っている、不思議な状態です。試乗記事は後日あらためて執筆予定です。

まずは結論から!

「いいクルマでした。軽自動車もここまで来ると普通乗用車と装備内容は変わりません。いう間でもなく街乗りでは抜群のアドバンテージを持ち、便利使いができる軽自動車なので、このレベルまでくるとかなりの満足感を満たしてくれるはずです。」

あっ、それとスズキ自動車は経営の仕方が個人的に好きな自動車会社でもあり、これは後ほど少し記述したいと思ってます。

 

軽自動車についての記事を書くのは初めてですが、スズキのクルマとしては以前スイフトスポーツの記事を書いており、こちらもお読みいただけると嬉しいです(^.^)

▼スイフトスポーツの記事はこちらからご覧いただけます。

今回青森市内のスズキディーラーさんを訪問し、まずは外観の説明をしていただき、次に内装をチェックしてそのあと試乗。ハスラーは皆さんも良くご存知のスズキの人気モデル。そのハスラーのフルモデルチェンジとなれば興味を引かない訳がない。ということで早速いってみましょう!

 

今回のターゲット車種、新型ハスラー最上位モデルHYBRID Xターボ4WD

新型ハスラーのグレード構成。エンジンラインナップは、NA(自然吸気)車ターボ車の2種類でトランスミッションはCVTのみ。

スズキ新型ハスラー最上位モデル

※画像は、HYBRID Xターボ・全方位モニター用カメラパッケージ装着車・チアフルピンクメタリック ホワイト2トーン

 

今回のターゲット車種は、2020年1月にフルモデルチェンジされたニューモデルスズキ新型ハスラーHYBRID Xターボ・4WD。

【水冷4サイクル直列3気筒インタークーラーターボ+モーター、4WD・CVT 】

<HYBRID Xターボ価格>

1,612,600円[2WD]/1,746,800円[4WD]

全方位モニター用カメラパッケージ装着車:1,665,400円[2WD]/1,799,600円[4WD]

全方位モニター付メモリーナビゲーション装着車:1,797,400円[2WD]/1,931,600円[4WD]

 

新型ハスラー最上位モデルHYBRID Xターボ4WD>の全方位モニター付メモリーナビゲーション装着車が、メーカー希望小売価格1,931,600円(消費税込み)。

 

▼関連記事はこちらからご覧いただけます。

 

全車にマイルドハイブリッドを搭載

スズキ新型ハスラー最上位モデル

新型ハスラーでは、全車にマイルドハイブリッドを搭載。そして、すべてのグレードに2WDと4WDを用意。安全装備の「スズキ セーフティサポート」は、HYBRID Gの非装着車グレードをのぞき、全車に装着されている。

グレードごとに「全方位モニター付メモリーナビゲーション装着車」や「全方位モニター用カメラパッケージ装着車」といったパーツ装着車を選択することができる内容になっている。

※全方位モニター用カメラパッケージ装着車は52,800円高(消費税込み)

※全方位モニター付メモリーナビゲーション装着車は184,800円高(消費税込み)

 

▼新型ハスラーの試乗レビュー記事はこちらから。

 

全方位モニターとは

新型ハスラーでは、グレードごとに「全方位モニター付メモリーナビゲーション装着車」や「全方位モニター用カメラパッケージ装着車」を選ぶことができる。

全方位モニター」とは、クルマの前後左右に設置されたカメラによって、自車を真上から見ているかのような視点でクルマの周囲を確認できる機能のこと。

立ち会ってくれたディーラー営業マンの話しでは、クルマの下に隠れているねこまでが確認できるそうだ。

この全方位モニター機能を使うには、設定されているスズキのカーナビ、もしく対応しているカーナビゲーションの装着が必要となる。

スズキ新型ハスラー最上位モデル全方位モニター

▲全方位モニター付メモリーナビゲーション

新型ハスラー全方位モニター付メモリーナビゲーション

▲全方位モニターが映し出されています。実際の画面もクッキリとした映像です。

 

▼関連記事はこちらからご覧いただけます。

 

積める・遊べる、アウトドア派にうれしい積載性

スズキ新型ハスラー積載性

▲ガンガン積めて操作は楽々。汚れにも、水にも強い。アウトドア派にうれしいラゲッジルーム。

新型ハスラー水濡れにも強い

▲リヤシートの背面とラゲッジフロアは汚れや水分を拭き取りやすい素材。思いっきり遊んだあとの服や道具を載せて汚れても、お手入れが簡単で便利。また、フックやバー(ディーラーオプション)などの便利グッズを取り付けられる6ヶ所のユーティリティーナットを装備。

 

スズキ新型ハスラー<メーカー希望小売価格>

グレード2WD・CVT(税込)4WD・CVT(税込)
HYBRID G  ▲スズキセーフティサポート非装着車1,280,400円1,414,600円
HYBRID G1,365,100円1,499,300円
HYBRID Gターボ1,459,700円1,593,900円
HYBRID X1,518,000円1,652,200円
HYBRID Xターボ1,612,600円1,746,800円

※ツートンカラー塗装車は44,000円高(消費税込み)

 

スズキ新型ハスラー車両寸法

 

【主要諸元】

スズキ新型ハスラーHYBRID Xターボ・4WD
全長×全幅×全高(m)
3,395×1,475×1,680
車両重量(kg)
880
エンジン
R06A型・冷4サイクル直列3気筒インタークーラーターボ
トランスミッション
CVT
WLTCモード燃費
 20.8km/L
性能/エンジン
最高出力(kW/rpm)ネット  47<64PS>/6,000

最大トルク(N・m/rpm)ネット  98<10.0kg・m>/3,000

モーター
最高出力(kW/rpm) 2.3<3.1PS>/1,000

最大トルク(N・m/rpm) 50<5.1kg・m>/100

サスペンション方式(前 / 後)
マクファーソンストラット式コイルスプリング/I.T.L.(アイソレーテッド・トレーリング・リンク)式コイルスプリング
タイヤ(前・後)
165/60R15 77H
乗車定員
4名

 

▼併せて読みたい!2020年2月14日に発売された新型フィットの記事はこちらから。

 

それでは新型ハスラーの実際を見ていただきましょう!まずはエクステリアから。

スズキ新型ハスラーのエクステリア

新型ハスラーは、内外装のデザインから走行性能、安全性能まで多くの進化を遂げているようだ。外観デザインは、丸目のヘッドライトなどハスラーの個性は生かしながらも「ジムニー」のように角ばった直線を強調したデザインが採用されている。

フロントフェイスは、さらに直進的になったデザインにより、カラフルで、よりシャープさが増した印象です。

▼フロント真正面からの画。軽自動車の可愛らしさと洗練されたクルマという印象がある。

スズキ新型ハスラー真正面からのエクステリア

▼斜め前方向からのアングル。ボディサイズ:全長3,395×全幅1,475×全高1,680は日本の道路事情に余裕のサイズですね。

スズキ新型ハスラー横方向からのエクステリア

▼サイド側エクステリア。軽自動車というコンパクトサイズでありながら前席・後席とも居住性に優れています。

スズキ新型ハスラー斜め後ろ

▼リヤ側エクステリア

スズキ新型ハスラーリヤ

▼サイド側には力強い水平基調のラインが用いられているほか、リアクォーターガラスによって運転時の斜め後方視界も向上させている。

リヤ斜め位置のウインドウ

▼リヤに丸いセンサーが4カ所ついています。

リヤの安全装備センサー

▼タイヤサイズ 165/60R15 77Hと専用アルミホイールがカッコイイ。

スズキ新型ハスラーアルミホイール

▼LEDヘッドランプ[ハイ/ロービーム、オートレべリング機構付] ・LEDポジションランプ ・オートライトシステム ・ライト自動消灯システム ・LEDフロントフォグランプなど、すべてが標準装備。 す、 すごい~!

スズキ新型ハスラーヘッドランプ

 

▼併せて読みたい!ライバル車とも言えるマツダCX-30の記事はこちらです。

 

スズキ新型ハスラーのインテリアをチェック

さて次は新型ハスラーのインテリアを見てみましょう!

▼まずはフロント運転席側のドアを開けた状態です。質感の高さが目立ちますね!

スズキ新型ハスラーのインテリア

▼遊びゴコロ満載をデザインした新しいインテリア!

スズキ新型ハスラーフロントコックピット

▼平均燃費をはじめとした車両情報や、スズキ セーフティ サポートの警告表示などもカラー液晶に表示されます。

新型ハスラー液晶ディスプレイ

▼全方位モニター付メモリーナビゲーションとマルチインフォメーションディスプレイ[カラー]との連携で、交差点に関する情報の表示が可能に。

液晶スピードメーター

▼本革巻ステアリングホイールは質感も高い

本革巻きステアリングホイール

▼車間距離を保ちながら、自動的に加速・減速。さらに停止までサポートする、アダプティブクルーズコントロール(全車速追従機能付き)のスイッチ

アダプティブクルーズコントロールスイッチ

▼オーディオ・ハンズフリーのスイッチ

オーディオ類のスイッチ

▼アームレストが付いてました。よかった~。

アームレスト付き

▼シート&車内空間(グレーイッシュホワイト内装)

スズキ新型ハスラーのシート

※内装色は3色用意されています。

▼バーミリオンオレンジ
スズキ新型ハスラー内装色バーミリオンオレンジ

▼デニムブルー
スズキ新型ハスラー内装色デニムブルー

▼運転席側ドリンクホルダー。助手席側にも付いています。

運転席ドリンクホルダー

▼使いやすそうなフルオートエアコン

新型ハスラーオートエアコン

▼USB電源1カ所&シートヒーター

シートヒーターとUSB電源

▼本革巻シフトノブ

本革巻シフトノブ

▼ダッシュボードBOXの取っ手がテーブルになります。

ダッシュボードBOXがテーブルになる

▼ダッシュボードBOX下の物入れ

ダッシュボードBOX下の物入れ

▼助手席ドアの内装

助手席ドアの内装

▼後席のドアを開けた状態

後席内装の状態

▼後席シートは広すぎるくらいの空間。

後席シートは広々

▼後席シートにもリクライニング機能付き。

後席シートのリクライニング

▼後席足元は広く、悠々快適な状態です。頭上や肩周りの空間も拡大しており、居住性が大きく向上している。

後席足元の広さ

▼これは便利!後席用パーソナルテーブル。(HYBRID Xターボ、HYBRID Xに標準装備)

後席用テーブルが付属

走行性能・トランスミッション・燃費・ハイブリッドシステム・4WD車に追加された走行モード・安全装備などについては、後日予定している「試乗編」に譲るが、今回の新型ハスラーは、外観から内装、走りに至るまでトータルで新たな進化を遂げた1台と言えそうだ。

 

▼動画はこちらからご覧いただけます。

YouTube動画の紹介

 

▼併せて読みたい!トヨタ新型ライズのカスタムに関する記事はこちらから。

 

時代の本筋が見えている「スズキ株式会社」

スズキプラットフォームハーテクト

上で述べた「スズキは好きな自動車メーカー」であるということ。これはすなわち応援したい自動車メーカーということでもある。

これまで他社に先駆けて脱中国をいち早くおこない、「インド一本足」の戦略を立てるなど随所に賢い経営をおこない、世の正しい本流を歩むその姿は、正しく歩むべき道へ正しいかじ取りをおこなっている「凛々しい姿」を感じさせるものです。

それ故、中国との関係性が薄いことからも、健全な会社という印象を持つところにもなっています。

古代から現在に至るまで、時代の変化についていけないところは淘汰されるのがつきもの。今の時代、脱中国をしなければならないときにマネーゲームに固執して世界の趨勢を見ずに、安穏と中国共産党との関係を続ける他の日本企業の姿は異常と言わざるを得ません。

賢い、そして賢明な判断ができる数少ない会社「スズキ自動車」は、これからも正道を進んでいただくよう、切に願うところでもあり、願わくば他社もそれを見習うところが出てくることを期待したいところです。ちなみに私はスズキ自動車の回し者でも何でもありませんのであしからず。

スズキスイフトスポーツが200万円を切る値段であるように、スズキは価格的にも良心的な会社という印象が強く、今後もさらに頑張って業績を上げていっていただきたい!そう願って止みません。

スズキ頑張れ!そして他社も願わくば賢い判断をして、単に個々の利益を優先するだけの新自由主義・グローバリズムを改める方向へ舵を切らないと、もはや取り返しがつかなくなってしまう状況です。

時代の本筋が見えている誇るべき自動車会社、それがスズキ自動車です。

 

 

 

▼スズキ新型ハスラー公式ホームページです。

 

▼関連記事はこちらからご覧いただけます。

 

 

今回の記事は以上です。

お読みいただきありがとうございました。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
たか
あなたに走りの楽しさを伝えたい!「たか」です。2020年3月ついに38年間のサラリーマン生活に終止符を打ちました。愛車レヴォーグに関すること、試乗記、青森県のドライブ・観光情報など、車と地元青森に関する情報を提供して参ります。 現在レヴォーグでのカーライフを満喫して本州最北端の豪雪地で夫婦2人暮し。2019年1月にYouTube開始、動画100本越え毎週更新中。年内チャンネル登録者1万人目指して奮闘中です。2020年2/29にブログを立ち上げました。今後、本ブログを育てていきますので、どうぞよろしくお願い致します。




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© レヴォーグで青森のドライブを楽しむ。 , 2020 All Rights Reserved.