レヴォーグSTIオーナーの自動車情報ブログ







スズキ新型ハスラー試乗レビュー!【軽自動車の走りがさらに進化】

たか
WRITER
 
スズキ新型ハスラーエクステリア





この記事を書いている人 - WRITER -
たか
あなたに走りの楽しさを伝えたい!「たか」です。2020年3月ついに38年間のサラリーマン生活に終止符を打ちました。愛車レヴォーグに関すること、試乗記、青森県のドライブ・観光情報など、車と地元青森に関する情報を提供して参ります。 現在レヴォーグでのカーライフを満喫して本州最北端の豪雪地で夫婦2人暮し。2019年1月にYouTube開始、動画100本越え毎週更新中。年内チャンネル登録者1万人目指して奮闘中です。2020年2/29にブログを立ち上げました。今後、本ブログを育てていきますので、どうぞよろしくお願い致します。

スズキ新型ハスラー試乗インプレッション

あなたに走りの楽しさを伝えたい!たかです。

 

今年2020年1月20日に発売された注目の軽自動車、スズキ新型ハスラーは可愛らしくてカラフル!魅力的なクルマです。

2代目新型ハスラーは、車内空間は広くて使い勝手がよく、なんといっても最低地上高が180mmという、みんなが求めていたちょうど良いサイズであることも特筆すべきものです。

 

今回の試乗車、新型ハスラー最上位モデルHYBRID Xターボ4WD

新型ハスラーは、前モデルで人気だった外観スタイルを踏襲しながらも、直線的で洗練された印象になり、さらに磨きがかけられている。

より広くなった室内空間、新世代プラットフォームHEARTECTや新エンジンの採用、そして安全性能面でも大幅な向上を図っており、さまざまな面で進化を遂げている。今回、そんな新型ハスラーのターボエンジンモデルを市街地で試乗してきた。

 

新型ハスラーのグレード構成。エンジンラインナップは、NA(自然吸気)車ターボ車の2種類でトランスミッションはCVTのみ。すべてハイブリッド搭載モデルとなっている。

スズキ新型ハスラーHYBRID Xターボ・HYBRID X・全方位モニター用カメラパッケージ装着車・バーミリオンオレンジ ガンメタリック2トーン

※画像は、HYBRID Xターボ・HYBRID X・バーミリオンオレンジ ガンメタリック2トーン

 

今回のターゲット車種は、2020年1月にフルモデルチェンジされたニューモデルスズキ新型ハスラーHYBRID Xターボ・4WD。

【水冷4サイクル直列3気筒インタークーラーターボ+モーター、4WD・CVT 】

<HYBRID Xターボ価格>

1,612,600円[2WD]/1,746,800円[4WD]

全方位モニター用カメラパッケージ装着車:1,665,400円[2WD]/1,799,600円[4WD]

全方位モニター付メモリーナビゲーション装着車:1,797,400円[2WD]/1,931,600円[4WD]

 

新型ハスラー最上位モデルHYBRID Xターボ4WD>の全方位モニター付メモリーナビゲーション装着車が、メーカー希望小売価格1,931,600円(消費税込み)。

 

▼新型ハスラーの外観&内装の記事はこちらから。

 

スズキ新型ハスラー<メーカー希望小売価格>

グレード2WD・CVT(税込)4WD・CVT(税込)
HYBRID G  ▲スズキセーフティサポート非装着車1,280,400円1,414,600円
HYBRID G1,365,100円1,499,300円
HYBRID Gターボ1,459,700円1,593,900円
HYBRID X1,518,000円1,652,200円
HYBRID Xターボ1,612,600円1,746,800円

※ツートンカラー塗装車は44,000円高(消費税込み)

【主要諸元】

スズキ新型ハスラーHYBRID Xターボ・4WD
全長×全幅×全高(m)
3,395×1,475×1,680
車両重量(kg)
880
エンジン
R06A型・冷4サイクル直列3気筒インタークーラーターボ
トランスミッション
CVT
WLTCモード燃費
 20.8km/L
性能/エンジン
最高出力(kW/rpm)ネット  47<64PS>/6,000

最大トルク(N・m/rpm)ネット  98<10.0kg・m>/3,000

モーター
最高出力(kW/rpm) 2.3<3.1PS>/1,000

最大トルク(N・m/rpm) 50<5.1kg・m>/100

サスペンション方式(前 / 後)
マクファーソンストラット式コイルスプリング/I.T.L.(アイソレーテッド・トレーリング・リンク)式コイルスプリング
タイヤ(前・後)
165/60R15 77H
乗車定員
4名

 

▼関連記事はこちらからご覧いただけます。

 

スズキ新型ハスラーのスタイリング

▼フロント真正面からの画。軽自動車の可愛らしさと洗練されたクルマという印象がある。LEDヘッドランプ[ハイ/ロービーム、オートレべリング機構付] ・LEDポジションランプ ・オートライトシステム ・ライト自動消灯システム ・LEDフロントフォグランプなど、Xはすべてが標準装備。

スズキ新型ハスラー真正面からのエクステリア

▼斜め後ろ方向からのアングル。ボディサイズ:全長3,395×全幅1,475×全高1,680は日本の道路事情に余裕しゃくしゃく。

スズキ新型ハスラー斜め後ろ

▼サイド側エクステリア。軽自動車というコンパクトサイズでありながら前席・後席とも居住性に優れている。

スズキ新型ハスラー横方向からのエクステリア

新型ハスラーは、先代よりも直線的な基調にすることで、タフさや力強さが強調されている。

 

スズキ新型ハスラーのインテリア

▼フロント運転席側のドアを開けた状態。質感の高さが目立つ。

スズキ新型ハスラーのインテリア

▼足元空間は思いのほか広く、後席に座る乗員の膝先は、握りコブシ4つほどが収まる広さとなる。

後席シートは広々

 

▼関連記事はこちらからご覧いただけます。

 

高い走破性、スズキの4WDシステム

スズキ新型ハスラー最低地上高

通常走行では前輪に駆動力を配分し、滑りやすい雪道などでは前後輪に最適な駆動力を配分する4WDシステムを採用。スズキの主要諸元には「フルタイム4WD」との記述があるが、どちらかというとスタンバイ4WDに近いものと推察される。

さらに、大径タイヤを採用するなど、最低地上高180mmを確保し、荒れた路面でも余裕をもって走行できます。この最低地上高180mmも特におすすめできる点です。

 

優れた走行性能を実現する4つのモード

雪道でも安心のスノーモード(4WD車)

新型ハスラーのスノーモード

スズキ新型ハスラースノーモードのボタン
雪道やアイスバーンでタイヤの空転を抑えるモード。

滑りやすい路面では過大なエンジントルクを抑制し、発進・加速時にタイヤの空転を抑えることでスムーズな走行を可能にします。さらに、約30km/h以下では、スリップ輪全体にブレーキ制御を併用し、より安定したグリップ走行を実現する。

 

グリップコントロールがスリップを防止(4WD車)

グリップコントロールがスリップを防止(4WD車)

グリップコントロールがスリップを防止(4WD車)のボタン
ぬかるみなどの滑りやすい路面で片輪が空転した場合などに、空転が発生した車輪のブレーキ制御を早め、かつ強くし、空転していない車輪に駆動力を集中させることで発進をサポートします。

 

下り坂でも安心のヒルディセントコントロール(4WD車)

下り坂でも安心のヒルディセントコントロール(4WD車)

下り坂でも安心のヒルディセントコントロール(4WD車)
急な下り坂で、ブレーキペダルを踏まなくても自動的に車速を約7km/hにコントロール。ドライバーはステアリングの操作に集中することができます。

 

パワーモード(HYBRID Xターボ、HYBRID Gターボ)

パワーモード(HYBRID Xターボ、HYBRID Gターボ)

エンジンとCVTの制御変更に加え、ISGによるモーターアシストをトルクアップさせることで、坂道や高速道路などへの合流時に力強い加速力を発揮します。

 

軽量化と高剛性を追求した新世代プラットフォーム

スズキプラットフォームハーテクト

アンダーボディー構造は、屈曲した骨格を滑らかにつなぎ、合理的でシンプルな形状に。サスペンション部品を骨格の一部として利用するとともに、骨格同士が結合する強い部分を部品の固定に利用するなど、補強部品を減らしながら基本性能の向上と軽量化を両立しています。

走行性能に関する以上の記述は、SUZUKI GREEN Technologyの一部です。https://www.suzuki.co.jp/car/hustler/performance_eco/

▼関連記事はこちらからご覧いただけます。

 

新型ハスラー・ハイブリッド Xターボ・4WD 試乗!

走行インプレッション

新型ハスラー全方位モニター付メモリーナビゲーション

※HYBRID Xターボ・HYBRID X・チアフルピンクメタリック ホワイト2トーン

今回はターボエンジンモデル「HYBRID Xターボ(4WD)」(最高出力 64PS/6,000rpm、最大トルク 10kg-m/3,000rpm、プラスモーター)に試乗した。

新型ハスラーは、電気の力で低燃費をアシストするマイルドハイブリッドを全車に搭載。加速時にはモーターでエンジンをアシストして、さらなる燃費の向上に貢献するハイブリッドシステムだ。あとはハイブリッドかNAかを選択することになる。

燃費はWLTCモードで、HYBRID X・ G ・2WD車で25.0㎞/L、最も数値の低いHYBRID X・Gターボ・4WDでも20.8㎞/Lをマーク。

今回試乗したハイブリッドモデルの走り始めはスムーズで、力不足感は感じない。雪道での試乗だったため走行面で滑るのが心配だったが、そういったネガティブ面も特に感じない。むしろパワー感があり、1~1.2Lエンジンのクルマを運転しているような感覚になる。

走行安定性は、背の高い軽自動車としては高い部類に入ると思われる。最低地上高は180mm、全高は1,680mmとどちらも高めだが、ボディが傾くような動きは生じず、安定感がともなっている感覚で運転できた。

乗り心地もおおむね満足できるもので、これは足まわりの動きが柔軟で、挙動の変化が穏やかであることから実現できていると思われる。

スズキ新型ハスラー最上位モデル

新型ハスラーのグレードは「G」と「X」の2種類。いくつかの装備が異なるが、大きな違いとして「G」グレードはヘッドランプが「ハロゲン」で、ホイールが「スチールホイール」になることが挙げられる。「LEDヘッドランプ」や「LEDフロントフォグランプ」「アルミホイール」などがほしいのなら、「X」グレードがおすすめだ。

ターボ車はNA車に比べて94,600円高いが、ターボ車にはいろいろな機能(アダプティブクルーズコントロール・パドルシフト・車線逸脱抑制機能等)が追加され、それらの機能を価格差から差し引くと、その価格差はとても小さい。

今日では、スライドドアを装着した「背の高い軽ワゴン(軽スーパーハイトワゴン)」が売れ筋だ。しかし、スライドドアが必要でないのなら、新型ハスラーはじゅうぶん期待に満足できる機能を持ち合わせていると言える。ダイハツ「タント」やホンダ「N-BOX」など、スライドドアを装着した「軽スーパーハイトワゴン」に比べて車両価格が割安で燃費性能も高いのが特徴だ。

 

▼動画はこちらからご覧いただけます。

YouTube動画の紹介

 

スズキ新型ハスラー試乗レビュー・まとめ

スズキ新型ハスラーHYBRID Xターボ・HYBRID X・全方位モニター用カメラパッケージ装着車・ブリスクブルーメタリック ホワイト2トーン

今回の試乗で感じたドライブフィール。そのターボ車の走りは、軽自動車とは言えトルクフル。しかもマイルドハイブリッドも組み合わされていることからくる、アイドリングストップはとても静かにエンジン始動する。

ドライブフィールは、スズキらしいどっしりとした安定感のステアフィールで、車高の高さをあまり感じさせない機敏さがあります。

スズキの安全技術「スズキ セーフティ サポート」は、運転支援において「アダプティブクルーズコントロール」が全車速追従タイプを装備している点も好ポイント。電動パーキングブレーキがないために停止保持機能がないのは残念ですが、他にもうれしい機能が盛りだくさんで、おすすめできるクルマとしてのポイントは高いと言っていいでしょう。

 

4WDシステムは本格的な4WD機能を有し、このような走破性の高い軽自動車も少ないので、私のように降雪地域に住んでいる人には頼りになる一台になりそうです。

試乗インプレッションの詳しいレポートは、動画でも見ていただければ幸いです。

 

 

▼スズキ新型ハスラー公式ホームページです。

 

▼関連記事はこちらからご覧いただけます。

 

 

今回の記事は以上です。

お読みいただきありがとうございました。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
たか
あなたに走りの楽しさを伝えたい!「たか」です。2020年3月ついに38年間のサラリーマン生活に終止符を打ちました。愛車レヴォーグに関すること、試乗記、青森県のドライブ・観光情報など、車と地元青森に関する情報を提供して参ります。 現在レヴォーグでのカーライフを満喫して本州最北端の豪雪地で夫婦2人暮し。2019年1月にYouTube開始、動画100本越え毎週更新中。年内チャンネル登録者1万人目指して奮闘中です。2020年2/29にブログを立ち上げました。今後、本ブログを育てていきますので、どうぞよろしくお願い致します。




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© レヴォーグで青森のドライブを楽しむ。 , 2020 All Rights Reserved.